どんな種類がある?チャイルドシートの選び方

どんな種類がある?チャイルドシートの選び方

車生活の家族で小さな子供がいたら、欠かせないのが“チャイルドシート”。
6歳未満の子どもを乗車させる時には、チャイルドシートの着用が法律で義務付けられているので、必ず着けなければいけません。
早い段階で手に入れておきたいものですが、一体どんな種類があるのでしょうか。


●新生児期~1歳ごろまで

一般的にベビーシートと呼ばれている“乳児用”のもの。
新生児期は首がすわってないため、寝かせるタイプになります。
また後ろ向きに使用する“シートタイプ”と横向きに使用する“ベットタイプ”とがありますが、最近では360度座席が回転するタイプも人気。
ですがこちらはかなり大きなサイズとなるため、ご家庭の車の大きさによっても装着できるかできないかが変わってきます。
軽自動車のようなコンパクトな車には向かないので、どのタイプが合うのかをよく考えて購入しましょう。


●1歳~4歳ごろまで

お座りもきちんとできるようになったら“チャイルドシート”へ変更。
基本的な形状としては前向きに座る形で、チャイルドシートのハーネスによって子供の体を支えて使います。
車のシートベルトを用いて固定するタイプと、車のシートベルトを使わず直接座席に装着するタイプが販売されているのでどちらがいいか実際に試してみると良いかもしれません。


●レンタルや補助金制度も

チャイルドシートを着けるのは義務。
自治体によってはチャイルドシートの補助金や貸し出し支援が受けられるところがあります。
例えば江東区はチャイルドシートの割引レンタル補助があったり、中央区では不要なチャイルドシート募集し、必要な人に譲る制度があったり。
一度お住まいの地域の支援情報を調べてみてはいかがでしょうか。

現在日本国内での使用が認められているのは、チャイルドシートに“Eマーク”または“自マーク”が貼られているもののみ。
“Eマーク”は現行の国土交通省による安全基準に適合していることを示しています。
通販サイトやフリーマーケットなどで安価で販売されているチャイルドシートには安全基準を満たしていないものもありますので、きちんとチェックしてから購入するようにしましょう。