夏も油断大敵!妊活時に気をつけたい“夏の冷え”対策は?

夏も油断大敵!妊活時に気をつけたい“夏の冷え”対策は?

冷房を使ったり、冷たい飲み物を飲む機会も多いこれからの季節。
寒い冬よりも体を冷やすことが多くなることも。
妊活中の女性にとって冷えは大敵。
夏こそやっておきたい“温活”についてご紹介します。


●まずは冷房対策

夏の冷えの原因といえばなんといっても“冷房”。
暑いからといって温度を下げ過ぎると身体を冷やしてしまい、また外の気温との差で自律神経やホルモンバランスも乱れやすくなります。
冷房の設定温度は外気との差が5~6度が適温。
あまり低い温度にしすぎず、扇風機と併用するなど工夫をしましょう。
また、お腹には夏用の薄い腹巻きを付けておくのもおススメ。
通気性の良い生地やシルクなどであれば蒸れずにお腹を冷えから守ってくれます。


●内側の冷えは1日1杯の温かい飲み物でカバー

夏は飲み物やアイスなど冷たいものを摂取しがち。
外にいる時は仕方ありませんが、家にいる時は意識して温かい飲み物を飲むようにしましょう。
例えば朝かならず白湯を飲む、眠る前は温かいハーブティーを飲む、など。
また、ご飯も冷たい麺類が多くなりがちですが、この時温かいお味噌汁をつけるだけでも身体が温まります。


●夏でも湯船に浸かる

暑くてシャワーだけで済ませたい気持ちは分かりますが、週のうち1、2回でも湯船に浸かるようにしましょう。
あまり熱いお湯ではのぼせてしまうので、37度~39度程度の“微温浴”がおススメ。
ぬるめのお湯は、イライラやストレスなど、精神の鎮静効果があります。
ゆっくりとした入浴を1日の終わりに行うことによって、冷えを取り除くだけでなく自律神経のバランスも整うのでおススメです。

夏だからこそ気を付けたい“冷え”。
毎日少しずつの対策で、妊活の妨げになる冷えを予防することができるはず。
軽い運動やストレッチ、お風呂上りのヨガなど、自分なりの“温活”を取り入れてみてくださいね。