ソレ脈あり!?彼からのLINEの反応でわかる好意のサインは?

ソレ脈あり!?彼からのLINEの反応でわかる好意のサインは?

恋を始めるきっかけとしてとても便利なツールであるLINE。
何度かメッセージをやり取りしたけれど、彼が脈ありなのかどうかわからない……という女性もいるのではないでしょうか。
今回は相手が好意を持っている時のパターンについてご紹介します。


●返信は既読から“数時間以内”

LINEの機能の一つである“既読”の表示。
既読スルーされていると「私に興味がないのかな」「後回しにされてる?」と思うかもしれませんが、相手も読んですぐに返すのは「いかにも待ち構えていたみたいで恥ずかしい」と感じているかもしれません。
とはいえ気のある相手に対してなら待たせても数時間。
すぐに返信があるよりも、少し時間を置いてきちんと返信が返ってくる方が好意があるのかも。


●事務連絡以外の内容

次に会う予定の場所や時間など、事務連絡でしか相手からメッセージが来ない……そんな時はあまり脈がないのかも。
相手がLINEを好きか嫌いかにもよりますが、好意を寄せる相手に送る内容は“何気ないこと”が多くなります。
「今日のお昼はこんなものを食べた」といった報告や「おつかれさま」「おやすみ」などの挨拶がくるのであればかなり脈あり。


●スタンプの使い方

文脈に合ったスタンプをテンポよく使ったり、次の会話につながるようなスタンプを使う時は脈ありの可能性も。
逆に、女性側がまだ会話を続けたいのに話を終わらせるようなスタンプを使ったり、文章で送っているのにスタンプでしか返さない、というようなことがあれば彼はあなたにあまり興味がないかもしれません。
スタンプを使わない人であっても、返信の文章が短い、などは微妙。
気のない相手にはなるべく手間を減らしたいと思ってしまうものです。

男性はLINEなどがあまり得意でない、好きでない人も多いもの。
“この返信だと脈がない”とは一概に言えませんが、逆に“脈あり”の場合はわかりやすいはず。
面倒そうでない、会話をつづけたそう、などのサインがあれば好意の証拠かもしれません。