飲み会で友達よりもイイ女に「魅せる」3つの方法

飲み会に参加してみるも、誰とも連絡先を交換しないままお開き…なんて悲しい経験したことありませんか?

みんなが気合を入れてくる中、自分が一番イイ女に「魅せられる」テクニックがあったら…と思いませんか?

今回はその方法を3つ紹介したいと思います。


1. ポジティブな提案役になる

食べ物を取り分けたり、空いたグラスを片付けたり…一昔前は男性に「効く」行動でしたが、最近ではベタ過ぎてポイント稼ぎと思われてしまうケースも。

そんなときは実際に行動するのではなく「提案役」になるのがオススメです。

「お皿が空いて来たから、そろそろがっつりお肉系でも頼んじゃう?」「面白そうなカクテルがあるよ!みんなで試してみない?」などと、まわりが興味を示すような提案をするのがコツ。

また雰囲気がマンネリし始めたタイミングで、席替えやゲームの提案をさりげなくするのも○。

提案者=グループの中心人物という印象がつきやすく、後々印象にも残りやすいのです。

場の雰囲気をよくするムードメーカーになることで「この子といると楽しい」と思わせる効果もあります。


2. 視線を投げる

男性は「自分に興味があるかわからない美女」よりも「自分に気があるそれなりの子」を魅力的と思う傾向があります。

男性は臆病で傷つきやすく、自分を受け入れてくれそうな女の子に好意を持つからです。

合コンでは意味深にじっと視線を投げかけたり、目が合ったらそらしたりを繰り返してみましょう。

「あの子自分に気があるのかも…」と思わせるのがコツです。

ボディタッチをしたり褒めまくったりは、積極的な性格じゃないと難しい上、同性のヒンシュクを買ってしまうことも。

「視線を投げる」だけなら誰にもバレずに行動できる上、効果絶大なのでオススメです。


3. 「面白い」「美味しい」「楽しい」などポジティブ発言をする

男性は自分の話が受けなかったり、つまらない、楽しくないと思われることを恐れています。

「その話面白いね!」「これすごく美味しい!」「なんか楽しくなってきちゃった!」などポジティブな発言を連発すると、相手のテンションが上がるだけでなく「この子はなんでも楽しんでくれるんだな」と安心感を与えます。

また性格のよい印象を与えることが出来るので、自己アピールを連発するよりもずっと「効く」方法なのです。

どれも簡単に試せる方法なので、次の飲み会で試してみてはいかがでしょうか。
----------------------
by KAMI