彼氏や旦那にキレそう!なときのとっさの対処法3つ

お互い大好きで一緒に過ごすようになった彼氏や旦那様…。しかし身近な存在だからこそ、どうしてもケンカは避けられないもの。

親しい間柄だからこそ、ケンカがエスカレートして収拾がつかなくなってしまうことも。今回はそうなる前にとっさにクールダウンできる方法を3つ紹介したいと思います。


(1)その場を離れる

激しいケンカに発展してしまった場合、 とにかく同じ空間にいるのはよくありません。

言いたいことをぶちまけたい気持ちもわかりますが、ぐっとガマンをしてその場を離れるのが最善策です。

ケンカの最中はお互いに冷静さを欠いているので、たとえ彼が100%悪くてもあなたの理想通りに反省したり謝ってくれるケースはほとんどありませんよね。

一度距離を置くことは自分の冷静さを取り戻すだけでなく、相手にもクールダウンする時間をあげられることになります。

その場を離れるときは憎まれ口などを叩かず「少し頭冷やしてくるね」と大人な対応をすれば、相手も自分の子供っぽい感情を反省するきっかけになります。


(2)心の中でカウントダウンをする

カッと頭に血がのぼってしまったとき、キレてしまう前に心の中でゆっくりとカウントダウンしましょう。

「10秒数え終わるまではキレない…」と普段から決めておくと効果もアップします。

「話し合いが終了するまで絶対に感情的にならない」などとハードルを上げ過ぎてしまうと、途中で辛くなりあきらめてしまいがちですが、たった10秒程度ならば誰でも我慢もしやすいものです。

キレそうなときはまずカウントダウンする癖をつけて、感情が爆発してしまうのを防ぎます。

数を数えるということは単純に心を落ち着かせる効果もあるので、気持ちのコントロールが難しくなってきたらすかさずカウントダウンをするのもオススメです。


(3)思い出アイテムを見るようにする

目に付きやすい場所に二人の笑顔の写真や記念日のプレゼントなどを飾っておけば、いざというときに目にすることで気持ちを落ち着かせることが出来ます。

感情的になりそうなとき、楽しかったことを思い出すことによって冷静になるきっかけが生まれるのです。

また相手の目にも入りやすいことから、相手を落ち着かせる効果もアリ。

お子さんがいる場合、お子さんの写真も一緒に飾ればさらに効果がアップしそうですね。

大切な相手と良い関係を続けていくためにも、頭に入れておくといざというとき役に立ってくれるはずですよ。


by KAMI