面倒くさがり必見!目からウロコのダイエット7選

モデルや芸能人の華奢なボディを見るたびに大きなため息…。

「痩せたい!」「モデル体型になりたい!」と思いつつ、どうしていつもダイエットが続かないんだろう?

流行りのダイエット本や健康器具を買っても、いつの間にかクローゼットの肥やしに。

今回はそんなアナタにオススメする、「えっ?そんな方法アリ?」と思ってしまうような目からウロコのダイエット法を7つ紹介したいと思います!


1. 歯を磨く

歯を磨くと食欲が抑えられるので、食前食後どちらでも効果アリ。

今日は食べすぎちゃいそうだな…デザートもいけるかも…などと思ったときにすかさず歯を磨けば、食欲抑制&気分がリフレッシュしてだらだら食べ過ぎてしまうのを防げます。


2. ガムを噛む習慣をつける

「噛む」という働きは満腹感を得やすく、食欲を抑える働きがあります。

またミント系のさわやかなガムで食欲を抑えたり、甘いものが欲しくなったときにシュガーレスのガムを噛んで気を紛らわせるのも○。

ただキシリトール入りのガムを多量に食べるとおなかがゆるくなることがあるので注意してくださいね。


3. どんな食事にもおはしを使う

カレーやピラフなどスプーンを使うメニューはついつい食べ過ぎてしまいがちですが、どんな食事もおはしを使うことで大食い、早食いを防ぐことができます。

さらに長いおはしを使ってより食事をしにくくするのも○。


4. デザートは食前に

外食時必ずデザートを頼んでしまう人は、食後ではなく食前に。

沢山食べた後でも甘いものは別腹で入ってしまいますが、甘いものを先にするとその後がっつりと重い食事をする気が減退します。


5. 青・紫・黄緑色の食器を使う

青・紫・黄緑色は食欲が減退する色と言われています。お皿やお弁当箱の色に使用すれば食べすぎ防止の効果が。

逆に無地の白や黒の食器は料理を美味しそうに見せる効果があるため食欲を減らしたいときには避けた方がいいかもしれません。


6. 姿勢を良くする

良い姿勢はラクな姿勢でいるときに比べて、代謝がUPし消費カロリーが上がります。

バストやヒップの形を整える働きもあり二重の効果アリ。


7. 常におなかを引っ込める

仕事中、電車の中、テレビを見ながら…などいつでも思い出したときにおなかを引っ込めるだけで、ウエストのシェイプアップに。

毎日腹筋をするのは根気がいりますが、いつでも簡単にできるこの方法なら無理なく習慣にすることが可能。

どれも思い立ったらすぐ始められる上、努力や根気を必要としないものばかりなので、複数組み合わせてより高いダイエット効果を狙うのもオススメです!
----------------------
by KAMI