男性に『ひとりでも大丈夫』と思われる女子の行動7パターン

目立った欠点はなく同性の友達もたくさん…なのになぜか男性とは縁遠い女性、いますよね。

「モテそう」なんて言われることもあるのに、実は男性からお声がかからない…。

もしかしたらその原因は、男性に『ひとりでも大丈夫』と思われてしまっているせいかもしれません。

今回はそんな「ひとりでも大丈夫と思われがちな女子の行動7パターン」を紹介したいと思います!


1)男性との食事も必ず割り勘
年下でもフリーターでも、 男性は女性とのデートで優位に立ちたいと思っているもの。

男性が奢ると言ってくれている時に、きっちり割り勘を申し出るのは可愛げや色気を失くすだけでなく、仕事力や経済力をアピールする結果にもつながってしまうので要注意。男性が奢ってくれるときには、素直に甘えたほうが可愛いですよ。


2)言葉遣いが丁寧過ぎる
普段から言葉遣いが堅過ぎ・丁寧過ぎると、距離が遠くスキのない女性というイメージがつくことも。

知的で仕事が出来るイメージは悪くありませんが、少しくだけた方が親密に感じやすくなりますよ。


3)面倒見が良すぎる
面倒見が良すぎて「みんなのお母さん的存在」になってしまい、女子扱いから遠のいている人を見かけます。

包容力や頼りがいがありすぎると、男性の「頼られたい願望」「守ってあげたい願望」を邪魔する結果になりかねません。


4)外見やイメージを作り込み過ぎている
ブランドの洋服やバッグ、話題のコスメ、〇ツ星のレストラン、セレブに人気のインテリア…など、外見や生活を作り込み過ぎると、「自分色に染まって欲しい」という男性の願望は門前払いになってしまいます。


5)習い事やセミナーなどスキルアップに夢中
スキルアップにあまりに夢中になると「仕事以外の時間もギスギスしてそう」「自活力高そう」と男性目には可愛げのないように映ってしまうことも。


6)サービス精神が旺盛過ぎる
常に笑いの中心にいる女性は素敵なムードメーカーですが、男性にとっては「イイやつ止まり」になり「男がいなくても常に楽しそう」と思われてしまう可能性大。


7)現実以外の男性にハマっている
「アニメおたく」「アイドルのおっかけ」など現実以外の男性にどっぷりハマっているタイプには、絵に描いたような美形にしか興味のない女性が多く、男性もその気配を感じ取ってか「この人は現実に男がいらないんだな」と敬遠されてしまう結果に。

いかがでしたか?

適度なスキを作り男性に「仲良くなれる余地があるかも」と思わせることがお声のかかる近道です。

しつこい男性と距離を置きたいときに、あえて実践するのもオススメ?!


by KAMI