遅刻にサヨナラ!朝すっきり目がさめる方法7つ

彼とのデートで二度寝して大遅刻…

誰もが一度は経験したことがあることではないでしょうか。

また彼や友達と大切な予定がある前夜に限ってなかなか眠れず、朝起きられない…という悩みを持つ人も多いようです。特にこれからの寒い時期はだんだんと起きにくくなるもの。

そこで今回は「朝すっきり目が覚める方法」を7つ紹介したいと思います!


1)起きてすぐカーテンを開ける
人間の体は 太陽光を浴びることできちんとしたサイクルで働くようになるそうです。

毎朝決まった時間に太陽光を浴びることで、体内サイクルが整い目的の時間に自然に起きやすくなるといえます。


2)とりあえず布団をはぐ
目覚ましが鳴ったらとりあえず「気合」で温かい布団をはいでしまいましょう。

二度寝してしまっても寒くて目を覚ます確率大。

この方法を実践する人の中には「手が届かない場所まで布団を蹴飛ばす」というツワモノもいるので参考までに…。


3)枕元にメントールの強いガムを置いておく
清涼感のあるメントールは目を覚ます効果があるだけでなく、ガムの糖分で寝ている間に下がった血糖値を上げる働きもあります。

また「噛む」という動作で脳を活性化させる効果もアリ。


4)近所迷惑になりそうな目覚まし時計を、寝床から遠くにセットする
すぐさまに止めに行かないと苦情が来てしまいそうなウルサイ目覚まし時計を、布団から遠い場所にセットします。

本当に近所迷惑にならないようには気をつけてくださいね。


5)布団の中で手足の指を繰り返しグーパーする
手足の指をグーパーすると末端神経が刺激され身体の血行が良くなります。

布団の中で簡単に出来るので、二度寝してしまう前に目を覚ます効果が期待できます。


6)90分の倍数の時間で目覚ましをセットする
眠りの浅いレム睡眠時に合わせて起きれば、眠りの深いノンレム睡眠時に比べて目を覚ましやすいと言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えサイクルは90分ごとと言われているので、目覚まし時計は90分の倍数でセットするのがオススメ。


7)枕元にミント系の歯磨き粉を塗った歯ブラシを置いておく
起きてすぐベッドの中で歯磨きをすれば、歯磨き粉の清涼感で目を覚ましやすくなります。

またその後洗面所でうがいをしないといけないことから二度寝防止効果も大。

これからの季節、朝起きるのがどんどん辛くなってきますよね。

朝寝坊ばかりしてしまう…という人は、いくつか組み合わせて試してみるのもオススメです。


by KAMI