実は怖い!使い続けるとブスになる悪魔の言葉5選

実は怖い!使い続けるとブスになる悪魔の言葉5選

言葉には目には見えない力があり、使い続けることでその言葉どおりのことが起こったりします。

例えばお化け屋敷で「こわい」と言い続けると、言葉のもたらす暗示効果で何も言わなかった場合より何倍も恐怖が増す…という研究結果があるほど。

そして普段なにげなく使っている言葉の中には、使い続けることで「自分の魅力を減らしてしまうもの」も存在します。

知らない間に自分のまわりに悪影響を与えていた…ということにならないよう、これから紹介する「5つの悪魔の言葉」に要注意!


1)どうせ私なんか…
他人と自分を比べては 「どうせ私なんか…」とつぶやいていませんか。

自分を否定する言葉を使い続けると、自分が本当に価値がないように思えてしまい、そのうちどれだけ努力しても自信が持てなくなってしまいます。

また最初からあきらめることで、自分の魅力を伸ばすさまたげにもなります。


2)だって、でも
会話中「だって…でも…」など言い訳につながる言葉がよく出てしまっている場合は要注意。

いやなことから逃げられる便利な言葉ですが、言い訳ばかりする癖がつきます。自分の非をなかなか認められなくなり、悪い部分が直りません。

また言われたほうも微妙な気分になるので、性格美人とは程遠い結果に。


3)はー…
ため息は幸せが逃げると言われていますが、決して迷信ではないようです。

ため息とは気持ちが沈んでいるときに出やすく、口癖になってしまうとまわりに「いつも沈んでいる人」という印象で見られてしまいます。

また、「ため息=不満」とも取れることから「不満ばかりな人」と誤解されてしまう可能性もあるので要注意!


4)つまらない
なにごとも「つまらない」で片付けてしまうのは、楽しい時間や雰囲気を他人任せにしている証拠。

自分から楽しい時間を過ごす努力や協力をする気がないと思われる上、使い続けるとワガママや自己中という印象を持たれてしまうので要注意!


5)まあ〇〇
「まあそうだね」「まあいいんじゃない?」「まあ考えてみるよ」など頭に「まあ」のついた言葉は、歯切れの悪さから不快感を与えるだけでなく、使い続けると「真剣みややる気がない、偉そう」などいう印象を与えます。

性格ブスと誤解されないよう「まあ」の使いすぎには要注意!

逆に前向きな言葉を使い続けることで、ポジティブな暗示効果が生まれ自分の魅力UPや良好な人間関係を築く手助けになったりもします。

毎日使う「言葉」をぜひ一度見直してみて下さいね。