辛い失恋から立ち直る5つの方法

…大好きだったひとに突然告げられた別れの言葉。

…長年片思いしていたひとが婚約したとの噂。

…憧れのひとに脈なしだとわかってしまった瞬間。

大人になっても上手に対処できないのが辛い「失恋」の痛み。

大切にしていた恋の終わりは、どんなに経験を積んだ女性でも辛いものです。

このままじゃ仕事も大切な用事も何も手に付かない!

今回はそんな辛い失恋を経験してしまったときに、上手に立ち直る5つの方法を紹介したいと思います。


1)悲しい・辛い気持ちを我慢しない

溢れる感情は抑えようとすればするほど余計に辛くなります。

辛く傷付いた感情から目をそむけてしまうと、気持ちの整理が出来ないままいつまでも苦しむはめに。

泣くもヨシ、怒るもヨシ。

辛いという気持ちを放出して、心のデトックスをしましょう。


2)数日間引きこもる

スケジュール調整が可能な場合、数日完全にふさいで引きこもるのもアリ。

このとき数日分の食事・おやつ、漫画・雑誌・レンタルDVDなどをあらかじめ準備し、引きこもるのに専念できる環境を作るのがポイント。

ふいに悲しみに襲われても思う存分泣け、我慢の必要がないところが立ち直りへの近道となるのです。


3)携帯の電源をOFFにする

彼から連絡があるんじゃないか…彼に連絡をしてみようか…などと、失恋後は携帯ばかり気になってしまう傾向が。

そのため仕事でミスをしたり、夜眠れなくなったり…失恋の傷を癒すどころかますます自己嫌悪に陥るはめに。

仕事や大切な用事、眠る前などに潔く携帯の電源をOFFにするのも、心を落ち着かせる方法のひとつです。


4)行ったことのない場所に出掛ける

初めての場所へ出掛けることは気分転換になるだけでなく、意識を電車の乗り継ぎ方、地図やお店を調べたりなどに向けることができ、失恋のことばかり考えなくて済むようになるのでオススメです。


5)新しい恋をする

誰が言ったか「男によって負った傷は男にしか癒せない」という名言もあり、過去の恋を忘れるには新しい恋をするのが一番。

ただしコントロール不能な恋に身をゆだねるだけでなく、次は結婚を意識しながら…など、自分や相手を冷静に分析し良い関係を築く努力をすることも大切です。


終わった恋に時間を費やすより、未来の恋人と出会う準備に力を注いでみませんか?

無料の恋愛診断では、内なる恋愛傾向や自分に本当にマッチする相手が詳しくわかりおすすめです。

あなたの魅力を無料で診断!