初産婦の平均年齢30歳超え!加速する高齢出産 第3回

初産婦の平均年齢30歳超え!加速する高齢出産 第3回

「高齢出産」をテーマに第1回では「高齢出産の基礎知識」、第2回では「高齢出産のリスク」について紹介しました。

最終回となる今回は「高齢出産のメリット」について紹介したいと思います。

高齢出産にはリスクがともなうということはほとんどのひとが理解できたかと思いますが、リスクだけではなくメリットも沢山あるのです。


●精神的な余裕を持って妊娠、出産、育児にのぞめる
高齢出産の場合若い年齢で出産をする女性に比べて、 社会経験が長いことで精神的に余裕が持てるといわれています。

妊娠、出産、育児とは、並大抵の大変さではありません。

精神的に未熟だとちょっとしたことで不安定になったり、いざというときにどう対処していいのかわからずパニックになってしまうことも多いようですが、高齢出産の場合それまでの経験を生かして冷静に対応できるといえます。


●経済的に安定していることが多い
高齢出産で子どもを迎える家庭では若い家庭に比べて経済的に安定していることが多く、余裕を持って出産や育児にのぞめるメリットがあります。

また生活していく上での金銭管理など、長く生活をしている分上手にこなせる部分も多く余裕につながります。

出産や育児には想像以上に費用がかかり、また予想外の出費がつきものです。

そんなときも慌てずに対応できるのが高齢出産の強みといえます。


●まわりからの信用が高い
若い母親でよくあるのが、その若さからどうしても未熟なイメージや偏見の目で見られてしまう場合があるということ。

その点社会経験を積んで出産をむかえた母親は、年齢という点でまわりの信用を得られやすいのもメリットといえるのではないでしょうか。


●若返り効果がある
妊娠するとホルモンの分泌が盛んになり、ホルモンのシャワーを浴びるようだと例えるひともいるほどです。

古い細胞が生まれ変わる機能もフル活動し、アンチエイジングやデトックス効果という声も。

アメリカでは100歳以上生きた女性には、40歳以降に高齢出産をしたひとの割合が非常に多かったというデータもあるそうです。

高齢出産をテーマに連載をして来ましたが、意外と知らない情報もあったのではないでしょうか。

リスクとメリット両方を理解した上で妊娠・出産に望めるよう、正しい知識を知って下さいね。

by KAMI