ひそかに女性が傷つく何気ないひとこと6選

何気なくかけた一言に、相手が急に怒り出してしまった!

誰でも一度はそんな苦い経験がありますよね。

良かれと思ってかけた言葉や、軽いからかいから出た言葉でも、相手からすれば大きく傷つく内容だった…というケースがあります。

とくに男女の間で起こりやすく、性別による価値観の違いが関係していると言えるのではないでしょうか。

「褒めたつもりで言ったのに怒らせちゃった!」

「軽い気持ちで言ったのに落ち込ませてしまった…」

こういったトラブルを起こさないためにも、今回は「ひそかに女性が傷つく何気ないひとこと7選」を紹介したいと思います。

デリケートな女心を理解しておけば、気になる女子との会話も安心なはず?!



1)化粧が上手だね!

化粧が上手=アラを隠すのが上手い、という意味につながってしまいます。

褒める場合はストレートに「キレイだね」「かわいいね」と言うのが○。

「もとがいいから化粧も映えるね」と、素顔とメイクの両方を褒めるという上級テクニックもアリ。



2)太った?

冗談からの一言だとしても「太った」という言葉に喜ぶ女性は存在しません。

それどころか内心深く傷ついている可能性もあるので、女性に対して絶対に言ってはいけない言葉の一つです。



3)悩みがなさそう!

生きている以上何の悩みも抱えていない人などいません。

普段明るくハツラツとしている人は、その分裏で努力したり我慢したりしていることが多いものですよ。



4)(髪型や服装など)前のほうがよかった

髪型や服装など女性が変化を求めるときは、何かしら理由があることが多いです。

失恋してしまった、仕事で大失敗してしまった…などだめな自分を一新する目的でイメチェンしている場合もあり、前のほうがよかったという言葉はNG。



5)おとなしいね

普段からおとなしいタイプの女性は、積極性のない性格をコンプレックスに思っていることが多いです。

口下手な女性の場合「おとなしい」と指摘されてしまうとよけい萎縮してしまいます。

「落ち着いた雰囲気でいいね」などと言い方を変えてあげましょう。



6)遊んでそう!

異性にモテそう、外見が派手で綺麗、というような理由から「遊んでそう!」という言葉を投げかける人もいますが、喜ばれる言葉ではありません。

それどころか「軽い女と思われてるんだ…」と傷つけてしまうことになるので要注意。


いかがでしたか?

笑って受け流しているように見えても内心落ち込んでいるケースもありますので、気をつけて下さいね!