機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ

さっきから機嫌が悪い彼女…仲直りして楽しい時間を過ごしたいけど、どう声をかければいいのかわからない!

恋人を持つ男性ならば、誰でも似た経験があるのではないでしょうか。

変わりやすくわかりづらい、女心を理解するのは難しいですよね。

そんな男性のために今回は「機嫌の悪い彼女と仲直りする方法」を紹介したいと思います。

どの方法が彼女に合うか、吟味して試してみて下さい!



1)ものすごく申し訳なさそうに謝る

彼女の怒りがピークに達する前に、ものすごーく申し訳なさそうに「もしかして何か気に障ることしちゃった?気をつけてはいるんだけどごめん…」と謝りましょう。

申し訳なさそうな態度と「気をつけてはいる」という部分を前もってアピールすることで、彼女がそれ以上あなたを責められなくするのが目的です。



2)とにかく強く抱きしめる

機嫌が悪いとほとんどの女性が「やめて!」などと拒否をすることでしょう。

しかしそこで引かずさらに強く抱きしめるのがポイント。

強く抱きしめられるという予想外の展開に、彼女の怒りもじょじょにおさまり腕の中でそっと力を抜いてくれる瞬間が訪れるはず。



3)おおげさに体調を心配する

「さっきから黙ってるけどどこか痛い?!顔色もよくないし…横になる?膝枕しようか?」などと少し大げさに心配してあげましょう。

女性は心配されたりいたわってもらうのが大好き。

実はコレ、こんなに親身になってくれる恋人に対して小さなことで機嫌を悪くしてはダメだな…と彼女に反省させるのがひそかな目的です。



4)プレゼント攻撃

彼女の好きそうなお菓子など、ちょっとしたものをプレゼントしましょう。

それがどんなに安いものでも、女性は自分のためにお金を使ってくれることに喜びを感じます。

プレゼントは記憶としても明確に残るので、後々の関係にもよい影響があるはず。



5)「何をして欲しいか」簡潔に聞く

女性の機嫌が悪いときによくあるのが「機嫌悪い?」「べつに」「何かしちゃった?」「べつに」「どこか出かける?」「べつに」などとどんよりした会話が続いてしまう流れ。

実はこれが続くほど女性もがんこになり、機嫌を直しづらくなってしまいます。

悪循環に陥らないためにも、最初の一言で「機嫌直して欲しいんだけど、何して欲しい?どうすればいい?」と簡潔に要望を聞いてしまいましょう。

機嫌を悪化させないよう先手を打つのがポイントです。


どれも覚えておくと役立つワザなので、ぜひ試してみて下さいね!