意外と知らない人が多い! 「おりもの」って?

「おりもの」について知っていますか?実は知らない人が多い「おりもの」。

成熟した女性なら「おりもの」は起こるので、今までに下着の汚れやムレ感が気になっていた人もいるのでは?

今回は大切だけどあまり知られていない「おりもの」について紹介します。



●「おりもの」って?

通常、透明で乳白色、粘性のある液体。子宮、膣、汗腺から出る分泌液の集合体で、少しすっぱいニオイも特徴。

20・30代の女性は量が多く、おりものを知ることはカラダの変化を知るのに役立ちます。



●「おりもの」の働きは主に2つ

働き1)「子宮や卵巣を守る」

内性器は肛門や尿道が近く、大腸菌やブドウ球菌などが入りやすいところです。

おりものは雑菌が膣から入るのを防ぎ、雑菌や病原体を洗い流したり、老廃物を体外に排出させたりします。

働き2)「受精を助ける」

排卵期のおりものは、受精を助けます。子宮頸管(子宮の下部で膣との結合部分)の分泌量が増え、精子が子宮に到達できるよう働きかけます。

また通常、膣内は酸性ですがアルカリ性へと変化します。



●年齢による変化

おりものは女性ホルモンと密接に関わり、年齢によって変化します。

10代・・・初潮を迎えた後、少しずつ分泌される

20代・・・子宮頸管やバルトリン腺などから分泌され、量は多い

30代・・・引き続き量は多く、少しニオイがきつくなる

40代・・・40代半ば頃より、量は少しずつ減少傾向



●「おりもの」サイクル

月経サイクルがあるよう、おりものにもサイクルがあります。

月経後2~3日・・・量が少なくてサラサラ

排卵期・・・量が増える。排卵日前は白で透明、粘性が強い

黄体期・・・量は減り、白濁色で粘性が減る

月経前・・・再び増え始める。ニオイがあることも


●気をつけること
1)膣を洗いすぎない

膣を洗いすぎると、膣を守る「おりもの」まで洗い流すことに。またトイレのビデ洗浄の使いすぎも同様です。

自浄作用があるので、石鹸でゴシゴシ洗うや、指でおりものを掻き出す洗い方は避けましょう。

2)締めつけない下着を

通気性がよくないと、細菌が発生しやすい状態なります。下着は締めつけが弱いものを着用しましょう。

また量が多い時、タイトパンツは控えた方が無難。おりものシートなどで清潔を保つのがおすすめです。

個人差があるので人との比較より、自分のおりものの状態を知るのが大切です。

例えば粘性が増したら排卵時と分かるなど、ひとつの健康バロメーターとして観察してみてはどうでしょうか。

----------------------------------