痛くて、セックスが苦手に…。性交痛の原因や改善法って?

「挿入すると痛みを感じる」「Hの後、あそこがヒリヒリした感じ」など、セックスで苦痛を感じる女性は意外と多く存在します。

本来セックスは気持ちよさを感じるものですが、「セックス時の痛み」=「性交痛」を感じてしまうのはなぜか原因とその対策をご紹介します。



●「性交痛」って?

性交前、性交中、性交後に感じる「セックス時の痛み」のこと。

痛くて最初から挿入できない、性交中に軽度の痛みがある、性交後まで痛みを引きずるなどケースは人によってそれぞれです。



●性交痛の原因はさまざま

原因1)「前戯が不十分」

セックスに慣れていない若い人に多いのが、前戯不足での性交痛。膣が十分に潤っていないのに挿入されると摩擦が生じて痛みを感じます。

原因2)「炎症や感染症など」

外陰部や膣に炎症がある場合やカビ感染や性感染症が原因の場合があります。

また子宮や骨盤内、肛門などでも痛みが起きている場合もあります。

原因3)「身体的な体質」

過度なダイエットなどでのホルモンバランスの崩れや、生まれつき膣が狭い、外陰部や膣に傷がある場合、恥骨の変形など。

なお妊娠中や産後は女性ホルモンが不安定で、膣が濡れにくくなってしまうそう。

原因4)「心理的な不安」

過去のトラウマや、彼への不信感、性へのネガティブなイメージが強い場合、性交痛を感じることがあります。



●性交痛を放っておくと?

性交痛を放っておくと、セックスで濡れにくくなり、性欲が低下することも。さらに悪化すると不感症やセックスができなくなってしまう恐れもあります。



●改善するにはどうしたら?

改善1)「パートナーに協力してもらう」

痛みを伴うセックスを我慢するのはNG。パートナーに正直に話をし、ふたりにとって気持ちの良いセックスを。

挿入時は、ゆっくり丁寧に。潤滑ゼリーを使うのも手でしょう。

改善2)「産婦人科で診てもらう」

性交痛の原因を調べてもらうのが大切です。炎症を抑えたり、女性ホルモンを補う治療など、症状にあった治療をしてもらいましょう。


セックスは痛みを我慢していると、どんどんストレスが強くなってしまいます。

前戯不足が原因の場合ならパートナーの協力で改善は期待できそうですが、それでも性交痛が続くならば、病院で診てもらうことをおすすめします。

----------------------------------