男と女でこんなに違う!浮気の境界線とは?

「女友達と連絡を取るだけでもイヤ」と彼女。

一方、彼氏は「なんで、そんなことで怒るの?」と不満顔。男女では「浮気」の感覚に開きがあって、なかなか分かり合えないよう。

男女で「浮気の認識」は違いますが、それは具体的にどういうことでしょうか?


● 男女で違う!浮気への発展の仕方
一般的に男性は、 女性より「性欲」が強い生き物。

目の前に好みの女性がいて、アプローチを受けたら興味津々。理性でセーブできる人もいますが、10代20代の男性は性欲も強く出来心で、ついつい浮気してしまう人もいるでしょう。

一方で女性は、「性欲」よりも「気持ち」が大切。彼とケンカをしてしまった後など、目の前に話を親身に聞いてくれる男性がいれば頼ってしまいます。

精神的に弱っている時に優しい男性が現れたら、気がつけば心だけでなく体までも許してしまい「浮気」となるケースも。男性は「性欲」で、女性は「心理的な弱さ」から浮気に発展するようです。


●女性の浮気の境界線は?
好きな人とは毎日、メールや電話で連絡を取りたいのが女性の本音。

それは連絡そのものよりも、「彼氏がいつも自分のことを考えてくれている」という安心感が心地良いのでしょう。

それゆえ、「他の女とメールしている」など小さなことでも嫉妬しがち。「私以外の女性のことを考えている」と不安を覚えます。

女性はセックスの有無以上に、『精神的な浮気(他の女性への愛情)』を何より嫌がる傾向です。


●男性の浮気の境界線は?
男性にとって、彼女とは「裏切らない存在」。たとえ頻繁に連絡をしなくても「許してくれる」「あいつには俺だけだ」など、彼女への信頼は絶対です。

そのため、彼女が他の男性と連絡していようが大して気にならない人が多いよう。

それゆえ、その信頼が崩れた時が何よりの致命傷。男性は女性の『体の浮気』を許せません。

浮気の境界線は、他の男性に触れたらアウト。性的接触があるかどうかが判断ポイントです。


● 最後に
浮気の認識に男女の違いはありますが、嘘を重ねて不安な気持ちになったり、疑い深くなったりするのは危険。

二人でよい関係を築き、無駄なトラブルを回避するためにも、普段から恋人と「浮気の境界線」を話し合っておくとよいかもしれません。