もっとステキな女性に♪気をつけたい相手を不快にする食べ方6つ

デートの時、一番気をつけたいポイントは「食べ方」。人によっては、「汚い食べ方」を見るのは生理的に受け付けないなんてことも。

いくら外見や内面を磨いても「食べ方」ひとつで、「行儀が悪い」「品がない」と思われてしまうのはとっても残念ですよね。

今回は「不快に思われてしまう食べ方6パターン」をピックアップ。当てはまるところはないかチェックしてみましょう。


1) 食べながら話す
食べながら話をすると、 相手からは口の中が丸見え。話が盛り上がっていても、口に食べ物を入れたままの会話はやめましょう。

話す時は話す、食べる時は食べるが基本。食べることで会話が途切れるより、食べながら会話を続ける方が失礼です。


2) 一口が大きい
食欲があるのは健康的でいいですが、一口が大きすぎて「リス食い」になっていませんか?ほっぺが大きく膨らむほど、口の中に食べ物をイッパイにするのはさけて。

箸やフォークなどで食べる量をお皿の上で調整してから、口に運びましょう。


3)音を立てる
クチャクチャと噛んだり、ズルズルとすするのもNG。口をきちんと閉じずに食べると、音が出やすいよう。

噛む時は口を閉じて空気が入らないようにし、なるべく音が出ないように心がけましょう。音が気になる場合は一口で食べる量を少なくすれば、噛む音も静かになるかも。


4) 肘をついて食べる
たまに見かけるテーブルに肘をつく行為。周りも肘をついて食べる人が多くて、マナー違反だと思わなかった人もいるのでは?

右利きの人の場合、左手は食器に添えるのがマナー。和食の場合は、左手の指を使ってお茶碗やお椀を持ちましょう。


5)顔を食器に近づけて食べる
顔に食器を近づけて食べるのは通称「犬食い」と言われています。

箸やフォークで、食べ物を口まで運ばずに、前かがみの格好で食べるのはNG。姿勢正しく食べるのが、美味しくゴハンをいただくマナーです。


6) 箸の使い方
箸の使い方のマナーはいくつもありますが、気をつけたいのは会話中の箸の使い方。

箸を手に持ったまま話に熱中している人、結構いますよね?話をする時は、いったん箸は箸置きに置きましょう。

●最後に

美味しく食事をするためにも、最低限のマナーは意識しましょう。汚い食べ方は、一緒に食べる人を不快にさせているかも。

もしかして当てはまるかも・・・なんて食べ方があった人は、改善できることを少しずつ試してみてくださいね。食べ方のマナーを守ることで女性としての魅力もアップするはずです。