育児ノイローゼにSTOP!ママのイライラ解消術

昔は祖父母がいる大家族内や地域ぐるみでのびのび子どもを育てる育児が主流でした。

しかし最近では核家族化や防犯意識の高まりもあり「母親と子ども」というマンツーマン育児が主流です。

そんな中、出産後の体を休める暇もなく上手にストレス解消が出来ずにいるママも沢山いるようです。

中には産後の急激なホルモンバランスの崩れや体力的・精神的な負担から「育児ノイローゼ」に悩まされてしまうママも…。

今回はそんな育児ノイローゼにSTOP!をかけ、上手に育児のイライラを解消する方法をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。


1)「いつか終わるもの」と理解する

育児で眠れない日々が続くと「一体いつまで続くの…」と悲観的になってしまうママが多いようです。

しかしどんなに大変な育児でも、その期間は人生のほんの少しの時間でしかありません。

ラクになる時期が必ずやって来るので「今だけ我慢」という意識で乗り切りましょう。


2)子どもが泣いていることに罪悪感を持たない

真面目な性格のママは子どもが泣くと「早くなんとかしなくては」と焦って罪悪感を持ってしまい、ストレスに繋がることも。

子どもが泣くのは不快や悲しみだけが原因ではなく、ストレス発散で思い切り泣きたいだけのときもあります。

「ママがついてるから好きなだけ泣いていいよ」と、泣くことに罪悪感を持たず余裕を持って接しましょう。


3)生活リズムを整える

結局一番育児をラクにする方法は「子どもの生活リズムを整える」こと。

忙しい、大変、疲れた…などを理由につい朝寝坊してしまったり、寝かしつけが遅れてしまったり…結果生活リズムが狂い、睡眠不足やストレスの原因になります。

朝起こす時間と寝かしつけのリズムだけでも整えると、ママも自分の時間を作るなど一日の計画が立てやすくだいぶラクに。


4)保育サービスを利用する

一時保育やファミリーサポートなどの利用もオススメです。

ママのリフレッシュ目的だけでなく、身近に協力者のいないママにとって「いざというときに預かってくれる場所がある」という安心感を得ることは大きな心の余裕に繋がります。

またやむを得ない事情で急に子どもの預かりが必要になったとき、慌てて事前の情報が全くない場所に預けるよりも、慣れ親しんだサービスを利用することで子どもとママ双方の安心にも繋がります。

いかがでしたか?

いつもニコニコママでいられるよう上手にストレス発散して下さいね。
----------------------
by KAMI