ブーツの季節に…いや~な足のニオイ対策

寒い季節、足元のオシャレアイテムとして欠かせないブーツですが…オシャレなだけでは済まされないのがその「ニオイ」。

とくに年末年始は忘年会や新年会、親戚への挨拶などお座敷に上がる機会も多く、誰もが内心冷や冷やしているのではないでしょうか。

そこで今回は「いや~な足のニオイ対策」についてご紹介したいと思います。

予想外の足のニオイに焦らないよう、ぜひ参考に普段から対策を取ってみて下さいね。


■そもそもブーツはなぜにおう?

寒い時期より汗を沢山かく夏のほうが匂いそうなイメージですが…。

実は寒い冬でもブーツ内の温度は30度以上と、真夏日と同じ環境!

さらに湿度の高い密閉された空間で雑菌が繁殖することにより、いや~なニオイが発生してしまうのです。


■自宅でニオイ対策

・履いたブーツは乾かしてからしまう

履いた後のブーツは陰干しやドライヤーをあてるなど乾かしてからしまいましょう。

ブーツ内の湿度が高いまま通気性の悪い靴箱などにしまうと、さらに雑菌が繁殖しニオイの原因となってしまうのです。


・ブーツは高いところで保管

ニオイの原因となる分子の多くは空気より重いため、高い場所にブーツを保管すればニオイの原因が上から下に降りて行きニオイが解消されます。


・アルミホイルを入れておく

丸めたアルミホイルを2~3個ブーツに入れると、金属イオンの働きで消臭効果が期待出来ます。

ブーツを脱いだ後や保管する際にはアルミホイルを入れておくのがオススメです。


■ブーツ着用時のニオイ対策

・通気性と吸湿性のよい靴下を履く

ブーツ内に湿気がこもるのを防ぐため、通気性や吸湿性のよい靴下を履きましょう。

ストッキングやタイツ着用時も、上から靴下を履くのがオススメ。

消臭効果のある靴下を選べばさらに安心です。


・ストッキングや靴下にも消臭スプレーをかけておく

ブーツを履く前あらかじめストッキングや靴下にも消臭・除菌スプレーをかけておくことで雑菌の繁殖をおさえニオイの原因を作りにくくします。


・中敷を取り替える

中敷に溜まった汗や雑菌がニオイの元となるため、ブーツを脱ぐ予定の前に中敷を新しいものと交換してしまうのも手です。

替えの中敷は100円均一などでも手に入るので、いざというときのために持ち歩いておくのもオススメ。


いかがでしたか?

これからの季節、ニオイを気にせず楽しい時間を過ごすためにも、対策を取っておくことをオススメします。
----------------------
by KAMI