コレをやめれば若返る!?実は老けて見えるメイクの落とし穴5つ

コレをやめれば若返る!?実は老けて見えるメイクの落とし穴5つ

多くの女性にとって毎日の習慣であるメイクアップ。

「目を大きくしたい」「肌を綺麗にしたい」「可愛らしく見せたい」など求めるものは人それぞれですが、「今よりもっと魅力的になりたい」という思いは全ての女性に共通するのではないでしょうか。

しかしよくあるテクニックにとらわれすぎて、老け顔に繋がる落とし穴を見落としてしまっている女性も多いようです。

そこで今回は「実は老けて見えるメイクの落とし穴5つ」をご紹介したいと思います。

コレを機に毎日のメイク方法を見直してみるのも良いかもしれませんね。



1)明るい眉マスカラ
ヘアカラーに合わせた明るい眉マスカラは、日差しの強い屋外や薄暗い場所では「全く眉毛がない」状態に見えてしまうことも。

眉毛は年齢と共に薄く少なくなることから、眉毛の存在感がなくなると一気に老け顔に。

屋外や薄暗い場所でもメイクチェックをしたり、明るすぎない色のマスカラを選ぶのがオススメです。


2)流行遅れの形の眉
流行から大きく外れた形の眉は老けた印象を与えることが多いです。

昔のドラマや映像などを見たときに、当時の女優さんが老けて見えるのはそのせいだと言えます。

流行ばかりを追う必要はありませんが、何年もメイクを変えてないという場合には年齢やその時の印象に合わせた眉メイクにチェンジしてみてはどうでしょうか。


3)コンシーラーの厚塗り
シミやクマ対策に用いるコンシーラーはファンデーションから油分を抜いたもの。

そのためアラ隠しをするはずが時間と共に乾燥し逆にシワが目立ってしまうことも。

シワが気になる場所には液状のものを使用したり、コンシーラー代わりにリキッドファンデを二色使いをするなど乾燥対策を取るのがオススメ。


4)目の下にハイライト
のせた場所を明るく目立たせるため、クマやくすみ隠しに目の下に使う人も多いハイライト。

しかし細かいシワの間に溜まるため、時間と共にシワを目立たせてさせてしまうことも。

目の周りに使う場合は、のせすぎに気をつけたり粒子が細かいものを選ぶようにしましょう。


5)ブラウンのアイシャドウ
肌馴染みが良く人気アイテムのブラウンシャドウ。

しかし簡単に陰影がつけられることがアダとなり、入れ方によって目元が落ちくぼみ、老けて見えることも。

テクニックに自信がない場合、同じく肌馴染みが良く失敗しにくいテラコッタやベージュのシャドウを試してみてくださいね。

上手なメイクは年齢に合ったアイテムやテクニックを取り入れるのがコツです。

いろいろ研究して魅力的な女性を目指してくださいね。