幸せな恋愛をするために♪今すぐ捨てるべき3つの思いこみ

"恋人が出来ても片思いでも、なぜかいつもツライ思いや満たされない思いばかりで、恋愛に対して良い印象があまりない…という女性、最近増えているようです。

幸せな恋愛が出来る人とツライ恋愛ばかりしてしまう人とでは、一体どんな違いがあるのでしょうか。

ツライ恋愛ばかりしてしまう人は、もしかしたら「恋愛の障害になる思いこみ」に縛られてしまっているのかもしれません。

今回はそんな幸せな恋愛をするために「今すぐ捨てるべき3つの思いこみ」をご紹介したいと思います。

ぜひ今後の恋愛の参考にしてみて下さいね。


1)恋愛=満たされるもの
恋をすると 恋愛中心の生活になってしまう女性に多い思いこみです。

私生活での不満やストレス全てを恋愛にぶつけて、恋愛や恋人に満たされたいと強く思ってしまう人は要注意。

人間の生活は恋愛だけで成り立っているものではなく、さまざまな不満やストレスと戦いながら生きていかなくてはならないもの。

恋愛で満たされるのは恋愛の部分だけということをきちんと理解しないままでいると、大切な恋人を傷つけてしまうことになります。


2)男はこうあるべき
古風で真面目な女性に多いケースで「男は女に優しく、守ってくれるもの…」というような「男はこうあるべき」という強い思いこみを持っている人が該当します。

時代の移り変わりにより、経済状況や環境が昔とは大きく変わってしまっています。古くから言われてきた「男のあり方」をまっとうするのはなかなか難しいのが現実です。

あまりに凝り固まった理想を男性や自分に押し付けてしまうと、現代の恋愛はスムーズに行かなくなってしまうようです。


3)与えた分だけ返して欲しい
男女間の愛情表現や行動において「与えた分だけ返して欲しい」と思ってしまうのも、恋愛が失敗しやすい勝手な思いこみのひとつといえます。

例えば、お金持ちの恋人からもらった驚くほど高価なプレゼントと、学生の彼がバイト代から買ってくれた手ごろなプレゼント。どちらの愛情が深いですか?という質問に答えは出せないですよね。

男女間の価値観や性格、状況の違いがある以上、気持ちや行動を数値化して比較することは不可能です。

恋愛自体とても曖昧なものだということを理解せずにいると、恋愛をしているときに必要以上にツライ思いをすることになってしまいます。

いかがでしたか?

恋愛の障害になってしまう思いこみを見直すことで、ぜひ幸せな恋愛を引き寄せて下さいね。

by KAMI"