元恋人が忘れられない…「復縁恋愛」に失敗しないための5つの心得

FacebookやLINEなどコミュニケーションツールの普及で、昔と比べ疎遠になった元恋人と連絡しやすくなりました。

そのためネット上で再会し復縁をするカップルがすごく増えているようです。

中には大昔の恋人と劇的な再会を果たし、結婚までこぎつけた…というステキな話題もあり、ちまたでは「復縁恋愛」が流行りつつあります。

しかし!

「劇的な再会」というシチュエーションに一気に盛り上がり、イキオイで復縁した結果大きな失敗をしてしまった…という人も少なくないよう。

そこで今回は流行りの「復縁恋愛」で失敗しないための心得5つをご紹介したいと思います。

復縁を考える機会が来たときのためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。


1)別れた原因を再検討
復縁を意識した時に 一番忘れてはいけないのが「前回別れた原因」です。

それを「許せない」「解決できない」ようであれば、復縁しても同じことの繰り返しに。

再会の感動が大きいほどに目をそらしてしまいがちですが、復縁を決める前に「別れた原因」を思い出し、もう一度同じことがあっても大丈夫か考えるようにしましょう。


2)相手の変化を受け入れる
元恋人であっても別れてから時間が経っていると付き合っていた頃と比べて、価値観をはじめ趣味や好み等変わっている場合があります。

復縁して「こんな人じゃなかったのに」とがっかりしないためにも、相手の変化を受け入れる心構えが必要です。


3)昔のあやまちを蒸し返さない
復縁したカップルにありがちな失敗が、過去に付き合っていた時のあやまちを蒸し返してケンカになってしまうことです。

復縁するからにはある程度過去の失敗は水に流す覚悟も必要です。


4)二人の世界だけで盛り上がらない
復縁恋愛に失敗しないためにオススメなのが、二人だけで盛り上がらず共通の友人を交えること。

再会の感動でまわりが見えなくなることも多いですが、過去の様子を知っている友人を交えることで冷静な判断やアドバイスをしてもらうことが出来ます。


5)良かったことばかりを思い出さない
人間の脳は時間の経過とともに悪いことは消化し、良いことを思い出すように出来ています。

そのため別れてから時間が経つほど、相手の良い部分や良い思い出ばかりを思い出すように。

復縁を意識したときにはきちんと悪い部分や悪かった思い出も頭に入れて判断することが大切です。

いかがでしたか?

復縁前にこの「5つの心得」を意識して、復縁後も幸せな関係をキープして下さいね。


by KAMI