フレンチキス=ディープキス?目からウロコの正しいキスの種類学

愛情表現のひとつである「キス」。

「キス」と一口にいってもいろいろな種類があることは多くの人が知っていることと思います。

しかし挨拶がわりにキスを交わす習慣のない日本では、正しいキスの知識を持っている人は少ないようです。

たとえば「フレンチキス」と聞くと、どんなキスを想像しますか?

おしゃれでさわやかなフランスのイメージから、「軽いキス」を想像する人が多いようですが、実は…!!

これからご紹介するキスの種類を参考に、ぜひ正しいキスの知識を学んでみて下さい。



ソフトなキス
・バタフライキス
相手のほっぺにまつげを パチパチすることをバタフライキスといいます。

自分からキスはしづらい!というときに試してみてはどうでしょうか。


・バードキス
その名の通り小鳥が木の実をついばむように、軽く何度も唇を重ねるキスのことを指します。

赤ちゃんやペットのほっぺにチュッチュッと軽く何度もするキスもこれになります。


・プレッシャーキス
プレッシャーとは「圧力」という意味で、口を閉じたまま唇を押し付けあうキスのことを指します。

恋愛経験の少ないカップル同士がするファーストキスのようなイメージですね。


・スタンプキス
唇を軽く開いて唇と唇を触れ合わせるキスのことを指します。

恋愛ドラマなどのキスシーンで良く見られるもので、基本のキスともいえるでしょう。



ハードなキス
・フレンチキス
その名のイメージから軽いキスと誤解されることが多いですが、
正しくは舌を絡めあう深いキスのことを差します。

テレビや雑誌上でも誤った意味で使用している人が多いことから、誤解が広まっているといえます。


・カクテルキス
口を開いた状態で隙間が出来ないように唇同士を合わせ、
舌を吸ったり絡ませたり噛んだりするハードなキスを指します。

ディープキスときいて連想する人が多いスタイルではないでしょうか。


・サーチングキス
その名の通り相手の歯ぐきや口内を舌でさぐるようにするキスのことを指します。

キスの経験はあってもコレは未経験…という人が多いのではないでしょうか。

それだけハードなキスといえます。



ちょっと変わったキス
・スメルキス
スメルとは「におい」という意味で、口は使わず鼻同士をこすり付けあうキスのことを指します。

唇を使わなくてもキスと言うのは日本人の感覚からすると面白いですね。

日本では珍しいキスの種類ですが、外国映画などでは良く見かけるのではないかと思います。


いかがでしたか?初めて聞いた!というキスもあったのではないでしょうか。

彼とのマンネリ解消にいろいろなキスを試してみるのも楽しいと思いますよ。


by KAMI