生理周期に合ったスキンケアで美肌に!

生理前になるとなんだか肌が荒れたり、敏感になる……ということありませんか?

女性であれば、誰しも美肌になりたいと思うもの。でも、毎日同じように肌のケアをしているのに、なんだか調子が悪い、敏感になるなど感じたことはありませんか? それは、ホルモンバランスが崩れるために起こる現象なのです。

そもそも、この「ホルモン」って何でしょうか?

「ホルモン」は体の中で作られ、様々な機能をコントロールするために欠かせないもの。よく耳にする女性ホルモンは、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2種類のことを指しています。


●生理周期を知ることが美肌への道
ホルモンバランスを知るためには、 まず自分の生理周期をしっかりと把握することが重要です。基礎体温を測るのが一般的ですが、面倒な人には「ラルーン」の生理日予測がおすすめです。

ちなみに、生理期間中を「月経期」。生理終了から排卵日までの1週間を「卵胞期」、排卵日から生理までの2週間を「黄体期」と言い、この約1か月のサイクルのなかでホルモンの分泌量は変化しているのです。

■月経期
黄体ホルモン(プロゲステロン)が極端に減少する時期で、体温が低くなり、肌も乾燥しやすくなります。いつも以上に敏感になることもあるので、必要最低限のスキンケアを心がけましょう。新しい化粧品を試すなど、肌に負担がかかることはなるべく避けるようにしてくださいね。

■卵胞期
卵胞ホルモン(エストロゲン)がピークになるため、肌の状態が一番安定している時期。

くすみもとれ、吹き出物も出にくく、まさに絶好調の1週間。マスクなどのスペシャルケアは、この時期に行うとさらに効果アップです。また新しい化粧品を使いたいときはこの時期に試してみるのがオススメです。

■「黄体期」
この時期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が急速に低下し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになる時期です。そのため、皮膚の水分量が低下し皮脂とのバランスが崩れ、油分が多くなり毛穴がつまりやすくなります。

その結果、吹き出物にも悩まされることも。また、シミが出来やすいので、紫外線にはいつも以上に気をつけましょう。

それにしても、肌が調子いいのは1週間しかないの!?と嘆くなかれ。日頃から肌(ホルモン)の状態に応じたスキンケアを行っていれば、トラブルも最小限で済みます。

ストレスを軽減し、今年こそ、誰もがうらやむ美肌を目指してみませんか?