美肌のために!高価な化粧品より、自分を●することが効果的!?

嫌なことがあって、気持ちが落ち込んでいる時に、肌がキラキラ輝いて見えることなどありません。

また、落ち込んでいる時は、どんなに高い化粧品を使ってお手入れしても、くすんで見えるものです。


●美肌作りには、スキンケアよりメンタルケア!
美肌づくりで最も重要なのは、 高いスキンケアアイテムではなく「メンタルケア」。

目に見えない「心(気持ち)」のをケアが大切なのです。

人は、イライラしていると気持ちが表情に出てしまうもの。

そして、いつもカリカリしている人は、表情ジワとなって顔に深く刻まれます。

さらに、気持ちが沈んでいると、自然とうつむきがちになりフェイスラインがゆるむなど、マイナス思考は肌にも良くありません。

肌と心はつながっています。美しい肌をつくるには、健全な体と健全な心が必要不可欠なのです。

今回は美肌に繋がるメンタルケアの方法をご紹介します。


●美肌につながるメンタルケアの方法って?
1)自分を見つめる
1日1回、鏡でじっくり自分の顔を見る習慣をつけましょう。

肌の調子がいい時は、思いっきり褒めてあげる。悪い時は、何が原因か考える。

昨日の睡眠不足が思い当れば、今日は10分でも早く寝て、質の良い睡眠をとるようにするなど対策を練るようにしましょう。

2)キレイの魔法は自己暗示
自分に暗示をかけること。「キレイになれ~」や「このシワよ、無くなれ!」など、何でもかまいません。

こうなりたいという自分をイメージしながら、心の中で何度も念じてみてください。ただし、時々ではダメ。自己暗示は毎日くりかえすことが大切です。

3)認めて褒めて愛してあげる
自分を見つめることで、良い部分も悪い部分も分かるようになります。そして、それを認めて愛してあげる。

それだけで、肌は変わってきます。また、愛情いっぱいでお手入れすれば、肌は必ず答えてくれます。


●愛情と暗示をうまく使い分ける
「そんなことで!?」と思う人も多いでしょう。でも、私たちの体は自分で思っているよりずっとシンプルにできています。

「私の肌は美しくなっている」と言い聞かせていると、体はだんだん「そうなんだ」と思い込み、本当に美しくなれるのです。

自分への愛情と暗示で、もっともっとキレイになってみませんか?