気をつけて!この食べ物で老化が進む!

誰でも年齢を重ねるごとに老化していくもの。

まだまだ若いし関係ない!と思っていても一番気になるお肌の老化は20代から始まっています。

エイジングケアをしたり、サプリを飲んだり、服に気を使ったり…いろいろ気をつけていても実は毎日の食事が老化を進めているかもしれません…。

そこで、今回は
「老化を進める食べ物」
をご紹介したいと思います。心当たりのある人はぜひ気をつけてみてくださいね。


●甘いスイーツ
間食の楽しみといえば スイーツ。しかしスイーツに含まれる糖分で、体内が「糖化」することがあるそう。

クッキーや、マカロン、モンブランなど、焼き菓子の食べすぎには特に注意が必要です。

血液中に長く糖分が残るとAGEsという物質になり、脱毛、肌のシミ、たるみなどの原因に。

どうしても甘いものが欲しい時は、黒いきび砂糖や黒糖を使ったもの、ドライフルーツなどを選んで。

血糖値の急上昇をおさえるため適度な運動を食後に行って糖化を防ぎましょう。


●時間が経った食べ物
時間が経ち、空気中の酸素に触れ「酸化した食べ物」は、老化を進めると言われています。

リンゴやジャガイモなど、皮をむいて放っておくと茶色くなりますよね?それは酸化している証拠。

食べ物は空気に触れると酸化するので、時間がたった料理を食べるのは老化の観点からみるとNGなのです。

最初からカットされた野菜やスーパーのお惣菜も、出来立ての料理に比べると酸化が進んでいます。

食材はなるべく新鮮なものを使いましょう。


●スナック菓子やインスタント食品
ポテトチップスやカップ麺は、酸化した食べ物の代表格。

ラクチンだからと言って、食事の手抜きをしていると、知らない間に肌がガサついているかもしれません。


●野菜不足
1日350グラムの野菜摂取が必要とされていますが、日本人のほとんどが野菜不足になっているそう。

野菜を食べない食生活で「ビタミン」や「ミネラル」が不足すると、顔のたるみの原因に。

「最近、顔が大きくなった?」「ブルドッグみたいに頬が下がってきた…」と思い当たる人、野菜不足を見直してみて。

特に抗酸化栄養素と呼ばれる、ニンジンやカボチャなど、色の濃い野菜はオススメです。


毎日の食生活で、老化が早まるって怖いですよね?

老化を進める食べ物のカギは「糖化」「酸化」など。食生活を見直して、老化を防ぎましょう。
by 萩原美月