ひと月に4回も!?女性はホルモンのサイクルで性格まで変わる

「オンナってわかんねー」と嘆く男性って多いですよね。一般的に、男性に比べ、女性の気分はコロコロ変わりやすいもの。

ハッピーな日もあれば理由もなくブルーになってしまう日も。どうして女性は色々な気分に振り回されなければならないのでしょう?


●ホルモンのサイクルで性格が変わる!
その秘密は 女性ホルモンのサイクルにあるようです。

男性の精神に影響を与えるのは唯一「テストステロン(男性ホルモン)」のみといわれ、常に一定の量で分泌されています。

一方、女性のカラダで分泌されるのは「エストロゲン」「プロゲステロン」「オキシトシン」「テストステロン」。

4種類の物質が生理周期に合わせて増えたり減ったりすることで、女性の精神状態に大きな影響を与えているのです。

【変身その1】 生理中の1週間は「ネクラ系女子」期

生理初日を0日とすると最初の1週間は「プロゲステロン」が減少し「オキシトシン」が優位に。

「プロゲステロン」は精神を安定させる物質です。「プロゲステロン」が減少すると、むくみ、疲労感、イライラ、不安感などの不快な症状がでることも。

「オキシトシン」には、心を落ち着かせ信頼や愛情を呼び起こす作用が。その反面、直観的な判断力が鈍り、動作もゆっくりになります。

内向的になり、カラダも思うように動かない時期です。

【変身その2】 生理後の1週間は「キラキラ肉食系女子」期

生理初日から数えて7日目には女性ホルモンの代表格「エストロゲン」が徐々に増加。「エストロゲン」は肌をツヤツヤにし、女性らしいカラダを作ります。

女性的な魅力もぐんぐんアップし行動も快活に。生理中のモヤモヤがまるでウソみたいに前向きな気持ちになります。

ただ、注意しておきたいのは、エストロゲンには「ほれ薬」のような作用があるということ。理性がはたらきにくくなり、性欲も高まります。

「恋は盲目」とばかりに、ターゲットの男性に夢中になりがち。相手の悪い部分も目に入らなくなり、後悔することも。

【変身その3】 突然まじめキャラになる「草食系女子」期

生理初日から数えて14日目を過ぎると徐々に「プロゲステロン」と「オキシトシン」が増え始めます。

どちらも鎮静作用のある物質なので、思考も冷静に。性欲も減り、落ち着きを取り戻す時期です。

「肉食系女子」期から急にブレーキがかかることによって、落ち込んだ気分になることもあるようです。

【変身その4】 次の生理までは取り扱い注意!の「猛獣系女子」期

生理初日から数えて21日目には「テストステロン」が増加。

一般的に男性ホルモンと呼ばれていますが、女性にも微量ですが分泌されています。

「テストステロン」の増加で支配欲が強まり、攻撃的、衝動的になりやすい時期です。

この時期は精神の安定を促す「プロゲステロン」も減少してしまうので、イライラや不安感に悩まされることも多くなります。

他人に対してのイライラも感じやすい時なので周囲に八つ当たりしないよう注意が必要です。


●オトコに頼れないなら自分でなんとかしなくちゃ!
ホルモンの分泌量がほぼ変化しない男性に比べ、ひと月に4回もの変化が起きている女性のカラダ。

できれば男性には女性ホルモンのサイクルを理解し、広い心で接して欲しいところですよね。でも、それができる男性は悲しいかなごくわずか。

「オンナってわかんねー」 といわれる前に、女性ホルモンのバランスを整えて、安定した精神状態を保つ努力をしたほうがよさそうですね。


●女性ホルモンを整えるには
・ 1週間に3回は適度な運動を行う
・ 夜12時までには就寝して十分な睡眠を心がける
・ 栄養バランスのよい食事をとる。とくに大豆(イソフラボン)はオススメ


女性ホルモンが分泌されるしくみはとても繊細なものです。ストレスや不規則な生活を改善して、穏やかに過ごせるようにしたいですね。