敏感肌はスキンケアのせいだった?原因を徹底追及!

春は新しいオシャレも楽しめるし、何だか気分もウキウキしますよね。

でも、季節の変わり目はなんだか肌が荒れる、敏感になる……
などの症状で悩んでいる女性も多いのではないでは?


●「春」がお肌を敏感に?
昔から 春の天気は「三寒四温」と言われているように、
寒い日と暖かい日を繰り返すため肌が不安定になり、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、刺激を受けやすくなり、花粉や黄砂、ホコリ、そして急激に強くなった紫外線に、肌が敏感に反応してしまうのです。

また、新生活がスタートする時期でもあり、
環境の変化によるストレスなど悪影響を及ぼす原因が満載です。


●敏感肌の原因を徹底解明!
赤みや湿疹などといった目に見える炎症だけでなく、
ピリピリ、チクチクといった感覚的症状もあり、人によって様々な敏感肌。

原因を大きく2つに分けると、カラダの中からくる「内的要因」と、外からくる「外的要因」があります。

【カラダの中からくる原因】
1、不規則な生活からくる栄養不足や疲労
2、ストレスによる体調不良
3、生理前などのホルモンバランスの乱れ

【カラダの外からくる原因】
1、肌老化の原因No.1でもある紫外線
2、季節の変わり目などの急激な温度や湿度の変化
3、肌に合っていない化粧品の使用や過剰なお手入れ

など。


●基本に戻って洗顔を見直せば肌は必ず変わる!
敏感肌対策で最初に見直したいのがスキンケアの基本である「洗顔」。

「洗顔」を侮るなかれ。洗い方ひとつで敏感肌になってしまうこともあるなど、
「洗顔」はスキンケアのかなり重要な位置を占めています。


●洗顔の基本をおさらい
1)とにかく低刺激のものを選ぶ
無添加や低刺激の弱酸性もオススメですが、さらに症状のひどい場合は、
Phの弱い微アルカリ性を選ぶと良いでしょう。

2)ゴシゴシ洗顔はNG!泡がポイント
手が触れることで摩擦を起こす可能性があるため、直接肌に触れないようにたっぷりの泡で洗いましょう。

皮膚に刺激を与えるゴシゴシ洗いは厳禁。

3)タオルドライはやさしく押さえる
ぬるま水でよく洗い流したら押さえるようにタオルドライ。この時けっしてゴシゴシこすらないよう注意して。

4)間髪入れずに保湿する
肌を乾燥させたままにしないためにも潤い補給は間髪入れずに。

洗顔時には、必ず化粧水をそばに置いておくとよいでしょう。

やさしく落としたら、たっぷりの潤いを与えることも重要。

惜しみなくたっぷりの化粧水で保湿して、環境の変化に負けない元気な美肌を手に入れましょう。
by MASUMI