自分に自信が持てるようになる人生のヒント6選

仕事で失敗をしたり、人間関係が上手くいかなかったりすると、
「なんで私は……」と、自分に自信を無くしてしまいそうになりますよね。

しかし、生きている限り、壁にぶち当たらない人生はありませんし、
何事も自信を持って行うことで成功する確率はあがるもの。

自信をなくしてしまいそうになったときに、解決策を見出すことができるヒントを紹介します。


●ヒント1:失敗は当然
「なんでこんなことに なってしまったんだろ…なんで?」と、
底なし沼にハマってしまうと、抜け出すのは大変です。

どんな大会社の社長も美人女優も、政治家、スポーツ選手も、失敗のひとつやふたつは朝飯前。失敗するのは人間として当然のことなのです。


●ヒント2:行動あるのみ
大きく立ちはだかった壁の前で呆然とし、
「どうしていいか分からない…」と悩むだけの日々を送っていませんか?

「やらない」のと、「できない」のは大違い!0から1へと一歩前に進む勇気を持たないと、何も始まりませんよ。


●ヒント3:自分のいいところを書き出してみる
自分に自信がない人は、周りの評価を気にし過ぎる傾向があるようです。

「○○ちゃんは、ほめられていたのに私は…」と、他人と比べて落ち込んだりしていませんか?

自分のいいところやできているところを書き出し、認めてあげましょう。


●ヒント4:積極的に向き合う
ツライときに、「もう嫌だ~!!」と逃げ出したくなる気持ちはよく分かります。

しかし解決できない問題は、富士急ハイランドのお化け屋敷のように、逃げれば逃げるほど追いかけて来るのです。

追いかけられる前に、「そうか!だからダメだったんだ!」と、問題に積極的に向き合いましょう。


●ヒント5:できることをやる
できないことを一生懸命やり、失敗を繰り返している人をよく見かけます。

それでは、自信が無くなるのも当然かもしれません。

まずは、自分ができることをとにかく頑張る。

それがお茶汲みだろうとも、誰よりも美味しく入れられたら、もう完璧!それが自信につながる日が、いつか必ず来ます。


●ヒント6:自分を受け入れる
ダメな自分を認めると、さらに落ち込んでしまいそうですよね。

しかし「ダメじゃない!」と踏ん張るより、「あぁ、ダメですよ!だから頑張るんやん!」と、
受け入れてしまったほうが、気持ちも楽になるものです。


自信があるから、いろいろなことができるのではなく、自ら行動していく中で、おのずと自信が身について行くのです。 人生を楽しむヒントを、あなたも自分の足で見つけに行きましょう。
by ハラカナエ