「好きなだけ食べても太らないアノ子」は何がちがう?!

決して小食なわけでも特別なダイエットをしているわけでもないのに、華奢なスタイルをキープしている女性、いますよね…。

またそんな女性が決まっていうのが
「私大食いだよ!」
というような「食べる宣言」。

そんな彼女たちと、ダイエットが上手く行かない女性たちにはどんな違いがあるのでしょう。

今回はズバリ身近に存在する「好きなだけ食べても太らないアノ子」の生態を解明したいと思います!

いつもダイエットに挫折してしまう人も、「食べても太らないコツ」を学んでみませんか…?


●食事回数は減らさない!
食事量を少しでも減らそうと、朝食を抜くなど一日の食事回数を減らしている人は 要注意!

食事回数を減らすと代謝が鈍り太りやすい体質に。

また、それだけでなく空腹時間が長いほど身体が「飢餓状態」になり、次に食べた食事のエネルギーを吸収しやすくなってしまいます。

つまり、三食きちんと食事を摂るほうがダイエット効果が高いということ。

また食事回数が多いと血糖値が急激にあがらず空腹を感じにくくなることからも、「食べる女子」のほうがダイエットに有利と言えますね。


●昼食はしっかり食べる!
ダイエット中に昼食の量を減らしたり、昼食をダイエットメニューに置き換えたりしていませんか?

しかし昼食を十分に摂らないと間食や夕食の食べすぎに繋がる可能性が大!

お昼に無理をして小さなお弁当箱をつついては、小腹がすいてチョコやお菓子をつまみ食い…という悪循環に陥ってはいませんか?

みんなと囲むランチを存分に楽しむ「食べる女子」スタイルに変更し、間食や夕食の食べすぎを防ぎましょう!


●「思い込み」でスタイルキープ?!
食事や間食の際「コレを食べたら太るかな…」「ダイエットしなくちゃ…」などと思いながら食べてはいませんか?

「病は気から」という言葉に科学的根拠があるとされているように、人間の細胞は精神の影響を受けることがわかっています。

そのため同じものを食べても「太っちゃう…」などと思うより「絶対に太らない」と自信を持って食べたほうがエネルギーが吸収しにくいのだそう!

どうせ食べるのなら罪悪感を持たず食事を楽しむほうがスタイルキープのコツになるということですね。


自分に合ったダイエット法に加え、「食べる女子」のヒミツも参考にしてみてはいかがでしょうか? ぜひ健康的なスタイルキープを目指して下さい!
by KAMI