腰痛女子が急増中!3つのカンタン解消法

長時間のデスクワークや、体重の増加などをきっかけに、ズーンとした腰の重さを感じたこと、ありませんか?

ぎっくり腰ほどの激しい痛みはなくても、なんだかおも~い腰痛に悩まされている女子は少なくないはず。

女性のじん帯や筋肉は、男性に比べて弱いもの。特に、かかとの高い靴は、足に負担をかけてしまいます。

それが体のゆがみを引き起こし、腰痛を悪化させる一因になることも。

腰痛を緩和するためには、腰を支えている腹筋や背筋、おしりの筋肉などをバランスよく鍛えることが効果的です。

今回は、筋肉のバランスを整え、腰痛を楽にしてくれるかんたんエクササイズをご紹介しましょう。


●おしりのラインもキレイになる「腰上げエクササイズ」
1)あお向けに ヒザを立てて寝転びます。両手は頭の下に置いてください。
2)息を吐きながら、腰をぐーっと上に持ち上げます。かかとが上がらないように気をつけながら、5秒キープします。
3)息を吸いながら、元の体勢に戻ります。


1~3を10回1セットとし、休憩をはさみながら、1日2セットを目安におこなってください。

腰を持ち上げた時に、背骨から腰骨、太もものラインが一直線になるイメージで、腰を無理に反らせないことがポイントです。

腰のストレッチができるのと同時に、上半身を支えてくれている、おしりの筋肉(大殿筋)が鍛えられます。ヒップアップにも効果大なんですよ!


●美背中効果もある!「バランスエクササイズ」
1)床にヒザをつき、四つんばいになります。両うで、両ヒザは肩幅に。
2)ゆっくりと息を吐きながら左足を後方に、右腕を前方に伸ばし。バランスをとりながら5秒キープ。
3)息を吸いながら、元の体勢に戻り、反対側もおなじようにおこなってください。


1~3を左右交互に各10回で1セット。休憩をはさみながら、1日2回を目安に頑張りましょう。

ポイントは足を上げ過ぎないように気をつけること。かえって腰に負担がかかります。

おしりの筋肉(大殿筋)、背筋、腹筋を鍛えるエクササイズです。肩甲骨まわりの筋肉も刺激するので、背中もスッキリ引き締まります。


●太もも、ほっそり効果も!「足上げエクササイズ」
1)うつ伏せになり、両手はアゴの下に重ねます。両足は肩幅に開きます。
2)息を吐きながら右足をゆっくりと上げて、3秒キープ。
3)息を吸いながら足を下ろし、反対側もおなじようにおこないます。


1~3を左右交互に各10回を1セット。休憩をはさみながら、1日2セットが目安。

おしりの筋肉、背筋、太ももの筋肉(大腿四頭筋、大腿二頭筋、内転筋など)を鍛えてくれるエクササイズです。

おしりから太ももにかけてのラインを美しく見せてくれる効果もありますよ。


●筋肉のバランスがよくなると、腰も快適に!
いかがでしたでしょうか。日頃から、重たい上半身を支えてくれている、わたしたちの腰。

姿勢の悪さや運動不足が原因で、筋肉のバランスが悪くなると、腰の骨「腰椎」を支えることができず、痛みの原因に。

腰とつながる筋肉を鍛えれば、筋肉がコルセットの役割をして、腰痛はずいぶん楽になります。

腰が重たいな、と感じたら、定期的なエクササイズをおこなうようにしてください。でも、あまりにひどい場合は無理せず、お医者さんにいきましょうね。