肌が敏感になりやすい春…スキンケアも衣替えして美肌に!

季節に応じてファッションは変えるのに、スキンケアは同じという人も多いのではないでしょうか。

「最近化粧のノリが悪い」とか、「夕方の化粧崩れが半端じゃない」など……それは、季節に合ったケアをしていないことが原因かもしれません。

肌の状態も、気温や湿度によって変わるので、スキンケアも季節に応じたケアが必要なのです。

そこで今回は、春の気候に合わせたスキンケアをご紹介します。


●スキンケアの衣替え~春バージョン~
冬は寒くて乾燥していたのに、春になると徐々に気温が上がってきます。そのため肌は皮脂の働きが活動的になり肌の皮脂量が増えます。

また、春は花粉の季節であるだけでなくや黄砂や最近ではPM2.5などという化学物質も飛んでいるため、肌の不調を感じている人も多いのではないでしょうか?

「春のおすすめスキンケア」

・洗顔
冬の間は、乾燥しがちだった人も、そろそろ皮脂分泌が活発になります。

石けんやフォームなど洗顔アイテムを使ってのケアをしていない人は少しずつ始めましょう。ただし、ゴシゴシ洗いは禁物ですよ。

・化粧水
まだまだ保湿が重要な春は、ヒアルロン酸やセラミド配合のものがオススメ。

特に、花粉などでトラブルを抱えている肌は、たっぷり潤してあげることが肝心です。

スキンケアの仕上げは油分の含んだ乳液かクリームで潤いを閉じ込めるようにしましょう。

・角質ケアやピーリングは避ける
ホコリや花粉でいつも以上にデリケートになっているため、刺激の強そうなものは避けてくださいね。


●侮れないのが春の紫外線
4月になると急激に増え始める紫外線は、皮膚組織の中の酸素を“活性酸素”に換えて、皮膚の細胞やDNAを攻撃します。

これを“光老化”と言い、肌の老化を促進する最大の要素とも言えます。

そのため、春でもUVケアは必須。地上に届く紫外線には、シワや弾力低下を引き起こすUV-Aと、シミ・そばかすなどの原因になるUV-Bの2種類あります。

特に、UV-Aは波長が長く窓ガラスも通すため、室内にいる時でもケアが必要。内勤や買い物程度の外出であれば、SPF20~30PA++程度がオススメ。首に塗るのも忘れずに。


日本には春・夏・秋・冬という四季があります。季節に応じたお手入れは、美肌を保つキーポイント。

1年中同じスキンケアだった人も、洋服の衣替えと共に今年はスキンケアの衣替えもしてみませんか?