たった10秒で!ほうれい線対策で-5才に見える!?

「ほうれい線」とは、みなさんご存知のとおり小鼻から口角に向かってできる八の字のしわのこと。

老け顔の象徴のような存在のため日本では何かと悪いイメージですが、
中国の面相学では、「豊齢(ほうれい)線」表記されることもあります。

漢字のとおり、「豊かに歳を重ねることで目立ってくる線」という意味を持つため、人相学的には吉だそう。

とはいえ、老けて見られたくないというのは全ての女性の願い。今回はたった10秒でできるほうれい線対策をご紹介します。


●なんで「ほうれい線」?
ほうれい線の名前の由来ご存知ですか?

一説によると、 東洋医学の医師たちが「まっすぐに歩きにくい人は、
シワの左右の太さや大きさが違う」など、顔のシワを見て骨盤の異常を言い当てたことが発祥と言われています。

「骨盤が曲がりまっすぐに歩けない人」=(イコール)「法令を守れない人」という意味で「法令(ほうれい)線」と呼ばれるようになったそうです。


●見た目にかなり差が出るほうれい線…対策は?
一番効果的なのは表情筋を鍛えること。

私は、おしゃべりだから結構動かしている!と思って人でも、日常生活で使われる筋肉は全体の3割程度。

日頃から筋肉を動かす習慣をつけるようにすることが大切なのです。

でも、マッサージやストレッチって面倒くさいと思っている人も多いですよね。

そこで今回は、たった10秒程度でできるフェイスストレッチを3つご紹介します。


●10秒でできる「ほうれい線」解消ストレッチ
「その1」
1、 ふぐのように頬を膨らます
(この時口の周りの筋肉が張るぐらいしっかり息を入れる)
2、 このまま、10秒間キープ
3、 この動作を朝昼晩1回ずつ行う

彼氏とケンカした時にぷうっと膨れるのも可愛いですが、この場合は思いっきり力を入れて膨れることがポイント。

「その2」
1、 舌の先でほうれい線を内側から押し上げる
2、 そのまま5秒キープ
3、 反対側のほうれい線も同じように押し上げる
4、 このまま5秒キープ
これを同じく朝昼晩1回ずつ行う

「ほうれい線よ消えろ!」心の中で念じながら行うのもよし!

「その3」
1、 両方の手のひらを頬に軽く添える
2、 そのまま口角を上げ勢いよく「ひぃ」と発音
3、 次は口をすぼめて「ふぅ」と発音
4、 続いて口を思い切り左右に開き「みぃ」と発音
5、 これを3回繰り返す

表情筋がかなりほぐれてきたら「あー、いー、うー、えー、おー」と1語1語大きく口を開けて発音するのをプラスして、さらなる効果アップを図りましょう。


仕事の合間や入浴中など、ちょっとした時間にできるので是非トライしてみて。

すぐに効果が表れないからといって諦めず、毎日続けることが肝心です。

まさに「継続は力なり」。日々の努力で見た目年齢-5歳を目指しましょう!
by MASUMI