片思いのカレを振り向かせる「似てる」の魔法

どうしても振り向かせたい相手がいる人。自分のこと、もっと好きになってほしいと思っている人。

どうすれば、カレの心をぐっと引き寄せることができるのでしょうか?

そんな“愛されたい問題”を解決する魔法のことば、それは……

「似てる!」。

今回は心理学の側面から、大好きなカレとお近づきになる方法を考えて行きましょう。


●人間同士を結びつけるのは「似てる」という安心感
はじめて話す人でも、 出身地が同じ、趣味が同じ、などから会話が盛り上がることがありますよね。これが、心理学でいうところの「類似性の法則」。

人間は、生活スタイルや食べ物の好き嫌い、価値観などが自分と似ている人に惹かれる傾向にあるよう。

精神的なストレスを避けるための自己防衛のひとつともいわれています。

自分に似ているところがたくさんあったほうが、スムーズにコミュニケーションをとりやすい。ということを、心が無意識に理解しているんですね。


●ラブラブなカップルをつないでいる魔法「同一化」とは?
ラブラブのカップルは、カフェでデートをしているときなどに、同じような姿勢、同じようなトーンで話をしていることが多いですよね。

ふたり揃ってニコニコ顔で、とっても幸せそう。この状態、心理学では「同一化」といいます。

お互いに惹かれ合っているカップルは、相手に合わせようという心理が働き、無意識に似ている行動をとってしまうそう。

これは「類似性の法則」の延長で、似ている部分が多いほど、ストレスを感じること無く、心地よい関係を続けられるから。

この「同一化」を利用すれば、大好きなカレとの距離がぐっと縮まるかもしれませんよ。


●ミラー効果を使ってカレに魔法をかけてみよう!
カップルが自然に行う「同一化」。これを意識的に行うことで相手を安心させ心地よさを与えることも可能だそう。

相手の話し方やしぐさを、さり気なくマネするだけで、無意識に親近感を抱いてしまうんです!

これは、鏡のように相手のマネをすることから「ミラー効果」と呼ばれている方法です。

・会話のトーンを相手に合わせる。
・会話中の姿勢をマネする。
・同じテンションで話をする、メールを返す。

実践に向いているのは上記3つ。

「髪をさわる」「カップを持つ」などの具体的な行動を合わせる方法もありますが、かなり高度なテクニックです。

無意識に訴えかけてこそ、意味のある方法なので、気付かれると不快な思いをさせてしまいかねません。注意してくださいね。


●恋愛のテクニックって「優しさ」なんですよね
「カレのことが大好き!!」そんな気持ちが邪魔をして、緊張するあまり会話に集中できなかったり、相手の顔を見られなかったり。そんな乙女心よーくわかります。

でも、話している相手がそんな調子では、男性も緊張してしまい、ふたりの間には気まずい空気が。

相手に不快な思いをさせないよう、しっかりと顔を見て、気持ちを込めて会話をしていれば自然に表情や声色は似てくるもの。

自分の話を真剣に聞いてもらえたら、誰だってうれしい気持ちになりますよね。

大好きなカレを振り向かせたいなら、まずは一生懸命相手の話を聞いてあげることからはじめてみてはどうでしょう?