「ゴルゴライン」が消える!顔面筋トレ3つ

残業で疲れたとき、飲み会で遅くなったとき、帰宅する電車の窓にうつった自分の顔をみて、ゾッとしたことはありませんか?

目頭の下あたりから、斜めに下がったハの字の線。顔を年齢より老けてみせるこの悪魔のライン。これが俗にいう「ゴルゴライン」です。

人気コミック「ゴルゴ13」の主人公の顔に同様の線があることに由来したネーミングですが、正式名称は「ミッドチークライン」というそう。

加齢とともにできる「ほうれい線」だけでなく、この「ゴルゴライン」も侮れない存在です。

どんなに若いひとでも、このラインがあるだけで、5歳は年上にみえてしまいますよね。

今回は、そんなゴルゴラインを目立たせないための「顔面筋トレ」をご紹介します。


●顔を一気に老けさせる「ゴルゴライン」はなぜできる?
表情筋の衰えによって、顔の 皮下脂肪がたるみ、くぼみが浮き出てしまう。それが、ゴルゴライン出現のメカニズムです。

加齢によって皮下脂肪が減ることや、目を酷使することで、目の周りの筋肉(眼輪筋)が疲労し、脂肪を支えきれずにたるんでしまうことが主な原因。

常に「真顔」でいることが多い方は、表情筋が衰えてしまっているかもしれません。

表情筋のエクササイズ(筋トレ)をすることで、緩んだ筋肉が引き上げられます。さらに、落ちくぼんだ皮下脂肪の位置もキュッとUPさせることができるんですよ!


●頬の位置を高くする「ニッコリ」エクサ!
1)頬の高い部分を意識しながら、ニッコリと笑顔をつくります。

2)口角を横に引き上げるように「にーっ」と発音します。

3)そのまま力を入れ、頬がぐーと上に持ち上がる状態でキープ。

一日2回ほど、鏡の前で繰り返しおこないましょう。顔面の筋肉が疲れるまでやるのが効果的です。

口元の筋肉(口輪筋)とつながる頬の筋肉(頬骨筋)が鍛えられ、顔のたるみを引き締めてくれます。


●目元をキュッと引き締める「下まぶた」エクサ!
1)目を開いた状態で、両方の眉毛の下を指で抑え、上まぶたが動かないように軽く固定します。

2)その状態で、ゆっくり目を閉じてキープ。

3)ぱっと目を開けて、再度ゆっくり目を閉じます。

1)~3)を、疲れてプルプルしてくるまで、繰り返しておこないます。

上まぶたの筋肉は、目を開けた状態を保つために、普段から重力に逆らった運動をしていますが、下まぶたを動かす機会はほとんどありません。

このエクササイズは、上まぶたを押さえることで、弱りがちな下まぶたの筋肉(眼輪筋下部)を引き上げます。眼輪筋と鼻の横の筋肉(鼻筋筋)を刺激して、目の下のたるみを解消します。


●口元の筋肉を引き上げる「タコくち」エクサ!
1)頬をすぼませ、口をつぐんで、タコのように唇を突き出します。

2)タコ口をそのまま右へ引き上げます。頬が一緒に上がるのを意識してください。

3)元の位置に戻し、次は左へ引き上げます。

以上を疲れるまで繰り返します。

眼輪筋と鼻筋、唇の上の筋肉(口輪筋)を一気に刺激できるエクササイズです。口元が引き締まり、頬の位置が上がります。

それによって目の下の脂肪も持ち上がり、ふっくらとした若々しい目元をつくれるんです。


いかがでしたでしょうか?普段から意識して笑顔をつくったり、表情豊かに過ごすことで、表情筋を鍛えることができます。

「ゴルゴライン」が気になる人は、ぜひ顔面筋トレにチャレンジしてみてくださいね!