男性用ピル(経口避妊薬)が誕生?!「性の最新事情」

タイトルを目にして驚いた人も多いのではないでしょうか。

医学の進歩やライフスタイルの変化により、性の事情も昔と比べ大きく変わっている部分も多いようです。

そこで今回は「性の事情」最新版として、興味深い世間の性事情をいくつかご紹介したいと思います。

「えっ?!」「そうなの?!」「ほんとに?!」と驚き、すぐに誰かに教えたくなってしまうような「性の最新事情」…。

ぜひ読んでみて下さいね。


●男性用ピル(経口避妊薬)が誕生?!

アメリカの研究機関が男性用のピル(経口避妊薬)の開発に 有効な物質を発見し、論文を発表したとのことです。

もともとはがん治療のために研究されていたこの物質。

マウスに投与したところ、精子の数や運動能力が低下しやがて生殖能力が完全になくなったそう。

また投与を中止すると生殖能力が元に戻ったというから驚き。

このまま研究がすすめば近い将来、女性だけでなく避妊のために男性がピル(経口避妊薬)を服用することが普通になるかもしれません…!


●オリンピックの選手村では70%以上の選手がセックスをしていた?!

08年北京大会で優勝した女子サッカーアメリカ代表のホープ・ソロ選手がインタビューで発した
「選手村では70%以上の選手がセックスしている」というコメントに、世界が衝撃を受けたことは知っている人も多いことでしょう。

組織委員会が反論否定したことから真偽のほどは定かではありませんが、
12年のロンドン大会にて選手村で無料配布された15万個のコンドームはわずか5日で無くなったそう!

有能な遺伝子を持ったアスリートたちは子孫を残そうとする意思も一般人に比べて強いのでしょうか?


●精液には人を幸福にする作用がある?!

精液には感情を高ぶらせるコルチゾール、気分を揚げるエストロン、愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシン、坑うつ作用のあるセロトニン…などが含まれ、
そのため「人を幸福にする作用がある」と言われているようです。

しかしこの恩恵を受けるためには、膣内射精をしたり精液を飲むなど女性にとっては望まない妊娠や病気などのリスクを伴います。

妊娠を望むときに「幸せな気持ち」になるか感じてみてくださいね。

いかがでしたか?

「避妊理解度チェック」で、世間の事情だけでなく自分の中の「性の知識」も再確認してみませんか?

さらに目からウロコの性事情が出てくるかもしれません…!


by KAMI