勘違い続出?!意外と知られていない食事のマナー

記念日のデート…彼が気合いを入れて素敵なお店を予約してくれたみたい。

ウキウキお店に向かったものの、ちょっと待って!敷居が高い飲食店でのマナー、きちんと心得ていますか?

予想以上に高級感のあるお店で、テーブルマナーがわからず

「緊張して楽しめなかった…」
「彼とのトークに集中できなかった…」

という女性、意外といるのでは?

そこで今回は多くの人が取ってしまいがちなマナーのNG行動にクローズアップした、「意外と知られていない食事のマナー」をご紹介したいと思います。

正しいテーブルマナーを身につけることで、彼への印象もUPすること間違いなしです!


●洋食編
NGポイント1)水やワインを注いでもらうとき、グラスの脚を持ったり持ち上げたりする

水やワインを注いでもらうときには、 グラスに一切触れずに待つのが正解。

またグラスが空いたときは自分でワインなどをつぐのもNG。お店の人にサーブしてもらいましょう。

NGポイント2)グラスについた口紅をナプキンでぬぐう

直接ナプキンを使わず指でグラスについた口紅をぬぐい、その後指をナプキンで拭くのが正解。

NGポイント3)両手を添えてカップを持つ

カップに両手を添えることは「飲み物がぬるい」という意思表示になってしまいNG。

カップは片手で「持ち手部分のみ」を持つのが正解。

NGポイント4)使ったナプキンを綺麗にたたんで帰る

綺麗にたたまれたナプキンは「料理がまずかった」という意味。

逆に乱れたナプキンは「ナプキンをたたむのを忘れてしまうくらい美味しかった」という意味になるので、乱雑にならない程度にてきとうに置くのが正解。


●和食編
NGポイント1)割り箸を左右に割る

箸を寝かせた状態で持ち、上下に割るのが正解。

NGポイント2)お箸を口に運ぶとき、利き手ではない手を下に添える

一見美しい動作のように思えますが、手皿を添えるのは和食ではNGマナーなのです。

NGポイント3)椀物に入った貝の殻をふたの上や別のお皿によける

椀物の中の貝は身だけを食べ、殻はそのまま椀の中に残していただくのが正解。

NGポイント4)食べ終わった椀物のふたを逆さまにして重ねる

椀のふたを逆さまに重ねるのは「食べ終わった合図」と誤解している人も多いですが、出てきたときと同じようにふたを閉じるのが正解。

NGポイント5)しょうゆにわさびなどの薬味を溶かす

ついやってしまう人の多い行動ですが、薬味はお刺身など口に運ぶものの上に少量のせていただきましょう。


いかがでしたか?
美しいマナーを身につけて、素敵な食事のひとときを過ごせるようにして下さいね。