○○を押すだけで!簡単美肌づくり法3つ

クスミやシミ、吹き出物・・・。お肌のトラブルを見つけると、なんとなく沈んでしまいますよね。

美しい肌は、健康なカラダからつくられます。肌の状態や色つやは、内臓の働きを反映しています。

その健康なカラダ、肌づくりに活躍するのが、中国から伝わる経穴(けいけつ)=ツボ。

ツボを刺激することで、血流が良くなります。そして、カラダのすみずみまで必要なエネルギーが供給され、肌がいきいきと健康的になるんです。

今回は、寝る前や洗顔のときに、たった1分ちょっと「ツボを押すだけで」美肌を手に入れる方法をご紹介します!


●目元のハリには・・・「承泣」
黒目の 真下、涙袋の出来る部分の少し下に指をあてます。軽く押したときに、目の周り全体にジーンとした心地よい痛みを感じる場所がありますね。

それが、「承泣(しょうきゅう)」というツボです。

・承泣の位置に人差し指をあて、円を描くように30秒間押しもみします。

日頃、パソコンなどの刺激で疲れきった目の周りの筋肉をほぐし、血行を良くしてくれます。

むくみを取って、目元のハリを取り戻すのにも効果的。眼精疲労や目の充血解消にも効くツボなので、目の疲れを感じたときも、押してみてくださいね。


●むくみ、クマの解消には・・・「四白」
承泣のツボから、指一本分下の位置、軽く押して左右に動かしたとき、鼻の脇に心地よい痛みを感じる場所。

そこが、「四白(しはく)」というツボ。

・四白に人差し指をあて、円を描くように、やさしく30秒間押しもみします。

顔全体の血行を整えて、むくみやクマを解消し透明感のある美肌をつくってくれるツボです。肌の新陳代謝を促すので、シミやクスミの緩和にも効果大!

飲み過ぎた翌朝などには、四白を押して早めにむくみをとりましょう!


●肌トラブルに万能!・・・「迎香」
小鼻のふくらみの横にくぼみがありますね。押すと少し鼻の通りが良くなる感じがする部分。

それが、「迎香(げいこう)」というツボです。

・人差し指で迎香をおさえ、鼻の付け根に向かうようにグーッと5秒間押します。

迎香は、美肌つくりに欠かせない万能なツボ。頭部の血流やリンパの流れを整え、気になるシワやシミ、肌荒れや吹き出物のような肌トラブルの解消に役立ちます。

花粉症などの鼻づまりも楽になります。ズーンと重かった頭もスッキリするので、顔全体が軽くなり、表情筋もリラックス。アンチエイジングにも効果があるんですよ。


いかがでしたでしょうか?

高価な化粧品を使っても、エステサロンに通っても、自分の肌や筋肉が健康でなければ、美肌の維持は難しいですよね。

時間もお金もかからないツボ押し習慣で、お肌を内側からピカピカにしちゃいましょう!