1日3分でトラブル知らずのすべすべ肌に!「乳液」活用術のススメ

みなさん、乳液ってかかさず使っていますか?なんとなくベタつくし使いたくない!と思って使わない人も多いのではないでしょうか?

実は、乳液は油分と水分が絶妙のバランス配合されているため、肌を柔らかく、なめらかにすることができるなど、優れた特技持っています。

また、あまり知られていませんが、クレンジングやマスクなど、マルチに活用できるのも乳液のいい所。

せっかくだから有効活用したい!ということで、1日3分でできる乳液活用術をご紹介します。


●乳液クレンジング
油分と水分が うまくミックスされているため、油分の多いメイクとなじんでやさしく落とすことが可能です。

特に肌が敏感になっている時でも、いたわりながらクレンジングができるのでオススメです。


●乳液ピーリング
通常のピーリングだと刺激が強すぎるけど、なんとなく肌がくすむというときに。うるおいを残しながら角質ケアできます。

洗面器やボールにお湯を入れて蒸気をスチームのようにしばらく当てて、肌が蒸されて柔らかくなったら、たっぷりの乳液を顔全体にのせる。

その後、再度お湯の蒸気を当てながらクルクルマッサージして、最後は蒸しタオルで優しくふき取るだけ。


●メイク直し
「気が付いたらパンダ目になっていた!」なんてことありますよね。メイクオフにも使える乳液ならこんな時でも安心。

綿棒に乳液をなじませて、目元のメイクを拭えばキレイにメイク直しができます。


●乳液プラスファンデーション
カサついてファンデーションのノリが悪いというときにオススメなのが、乳液プラスファンデーション。

この時使うファンデはリキッドや、エマルジョン、クリームタイプなど、パウダリー以外。

いつも通り、手のひらにファンデをとったら乳液を1~2滴加えて混ぜ合わすだけ。これで、乾燥知らずのベースメイクが出来上がります。


●乳液シートマスク
スペシャルなシートマスクを、さらにパワーアップさせるのがコレ。

普段使っているシートマスクを顔にのせたら、外側の部分に乳液をまんべんなくのせておく。

既定の時間がたったら、シートマスクを裏返す(乳液をのせた側を肌に付ける)。

そして、これまた同じ時間、肌にのせておく。

こうすることで、美容成分余すことなく肌に入れ込んだ上に、乳液で潤いベールをかけることができる「究極のお手入れ」が実現します。


ざっとあげただけでもこれだけある乳液の活用術。携帯用のケースなどに入れて持ち歩き、あなただけのとっておきの使い方を見つけてみてはいかがですか?