10秒でOK!目からウロコのお手軽ケア

キレイになりたいけど、忙しくてそんな時間はない!とか、面倒なことは続かない!など女性は色々とわがまま。

そんな欲張りでわがままな女性必見!たった10秒でできるお手軽ケアをずらりとご紹介します。


●朝起きたら「10秒チェック」
朝、顔を洗う前に、 鏡を見ながら顔の水分&油分をチェックしましょう。

指先を頬やおでこ、小鼻の周り、顎などを指で触ってみましょう。

べたべたしているところがあれば、それは昨夜の過剰なお手入れが原因かも。

逆にカサカサしていたら、潤いが足りない証拠。

顔を見ることで、お手入れの反省もできるし、どこにうるおいを与えたらよいかという、今後のお手入れの参考にもなります。


●たるみ防止に「ムンクの叫びマッサージ」
ムンクの叫びのように口を縦長に開け、へこんだ部分に手の親指の下の膨らんだ部分を当てましょう。

そして10秒間クルクル回しながらマッサージ。

ほおのリフトアップに欠かせない咀嚼筋がほぐれて、たるみ防止になります。

パソコン作業が多いなど、日頃無表情になりがちな人にオススメです。


●目の下のたるみには「あっかんべー」
目の下を軽く指でひっぱりあっかんべーの状態にします。そのまま、目線を上に向け、まばたきを10回。

この時できるだけ下まぶたを動かすようにするのがポイント。たるみ防止はもちろん、目が疲れている時にもオススメです。


●目の充血解消には「おしぼり蒸し」
どんなに美人でも目が充血していては魅力も半減。最近では、目の疲れを癒す温熱シートなどがありますが、
外出先などでお手入れできない時に活躍するのが「おしぼり蒸し」。

お店で出された温かいおしぼりを、ビニールに入ったままの状態で目の上に乗せて10秒数えます。

じんわり温まり疲れた目元をほぐしてくれます。ビニールの上からだから、メイクが崩れる心配もなくて安心です。


●血行を良くするには「シャワーマッサージ」
顔色がすぐれない、肌がくすむ・・・それは血行不良が原因かもしれません。

そんな時は、シャワーのお湯を少し熱めにして、首の後ろ側の骨のあたりにあてて10秒数えましょう。

いきなり首をあたためることで、リンパが末端にまで流れて血行促進、桜色の肌が手に入ります。


ほかにも、いつものスキンケアの後に、10秒のハンドプレスを加えるだけでも美容効果がアップするなど、10秒あれば様々なことができます。

忙しいから、時間がないからと言って諦めずに、色々チャレンジしてみましょう。
by MASUMI