さまざまな出産方法~あなたらしい赤ちゃんの迎え方は?

個人産院や総合病院、そして自宅出産まで、赤ちゃんを産む場所や方法で選択肢がたくさんあるのはうれしいことですね。

でも、自分はどれを選べばいいかわからない!という方も多いのではないでしょうか。

自分にピッタリの方法を選べるよう、さまざまな出産スタイルをご紹介します。


●まずは産む場所選び


・総合病院/大学病院

主に、出産にリスクがある産婦を受け入れる施設。「周産期母子医療センター」に指定されている病院は、産婦や赤ちゃんが危険な状態になった場合の設備があります。

・個人産院/クリニック

「○○産婦人科」などの名称が付いている施設のこと。小規模なので細やかな対応が望めます。緊急時の提携先病院なども確認しましょう。

・助産院

妊娠の経過に問題がなく、安全な出産が見込まれる場合に利用する出産施設。家庭的な雰囲気のもと、助産師と一緒に自然な形での分娩を目指します。

・自宅出産

助産師に自宅まで来てもらって出産するスタイル。妊娠の経過が順調で、産婦が健康であることが条件です。

・里帰り出産

出産前に実家に戻り、その近くの施設で産む方法です。里帰り出産を受け入れていない病院もあるので、希望する場合、早めに確認しましょう。


●知っておきたい、いろいろな出産方法


・アクティブバース

医療に管理されずに、母親が中心になって産もうという考え方。産婦が楽な姿勢をとり、自由な呼吸法で産みます。

・ラマーズ法

お産に関する知識や呼吸法、リラックス法を学び、お産への不安を解消する方法。出産時の苦痛をやわらげることができます。

・ソフロロジー式

ヨガの呼吸法などを学ぶほか、イメージトレーニングを重ねてリラックスした状態での出産を目指します。ソフロロジー式では、陣痛をお産に必要なエネルギーとしてとらえます。

・座位分娩

上体を起こした姿勢で出産するスタイル。重力を利用するため、胎児が下がりやすいなどの利点があります。

・水中分娩

体温程度の温水の中で出産する方法で、陣痛がやわらぐなどの効果があります。水中ということ以外は、自然分娩に近いスタイルです。

・無痛分娩

主に、麻酔によって出産時の痛みをやわらげる方法。麻酔分娩とも呼ばれます。母体の回復が早く、入院期間も短くすみます。

・計画分娩

陣痛促進剤を使うなどして計画的に分娩する方法。早めに出産したほうがよいと判断された場合や、出産日を決める必要があるときに行います。

・帝王切開

通常の分娩が難しい場合、お腹を切って赤ちゃんを取り出す方法。分娩中に母子の状態が悪化した際に行う緊急帝王切開と、出産日を決めて行う予定帝王切開があります。


出産は人生の一大イベント。
自分に合った出産スタイルを選ぶことで、リラックスでき、より感動的な出産を経験することができます。

また、直前に帝王切開になるケースもあり、何が起こるかわからないのが出産。

出産方法だけでなく、リスク、出産後の経過など、事前によく調べておくと、慌てずにその日を迎えられますよ。