どうやったら寝てくれる?つらい夜泣きの対処法

授乳が終わって寝かしつけたばかりなのに、今度は大声で泣き出す赤ちゃん。

こんな夜が、いつまで続くのかな…と不安になっていませんか?赤ちゃんの夜泣きによって、満足いく睡眠がとれないママは多いですよね。そんなつらい夜泣きの対処法について、ご紹介します。


●そもそも夜泣きとは?
夜泣きとは、夜間に赤ちゃんが泣き続けること。これといった原因が思い当たらない中、長時間にわたって、赤ちゃんが泣く状態のことを言います。

夜泣きは、早い赤ちゃんで生後2カ月くらいから始まると言われ、1歳を過ぎてもなお、夜泣きが続く子どももいます。


●夜泣きのメカニズム
夜泣きのハッキリした原因は解明されていませんが、一般的に、日中の刺激を夜泣きで発散させているのではないかと言われています。

例えば、昼間に外出が多かった日や、初めてのことを経験した日、いつもと生活のリズムが違った日など、普段の暮らしとは異なる過ごし方をした日に、夜泣きをするのではないかという説です。

また、赤ちゃんの睡眠リズムが関係しているという説もあります。
夢を見ているのか、現実なのかの判断がつかず、夜泣きをするのではないかと言われています。

例えば、夜泣きをするから起きているのかと思いきや、どうも夢の中にいるようだ…と感じた経験がありませんか?

しっかり目を開いているのに、ママが話しかけても反応しないということもありますよね。


●夜泣きの対処法
夜泣きをする原因も、夜泣きのスタイルも、それぞれの赤ちゃんによって違います。

ですから、『これをやれば、すぐに泣きやむ』という解決策は、残念ながらありません。しかし、試行錯誤していく中で、我が子に合った方法に出合えるかもしれません。

夜泣きの毎日は大変つらいですが、色々と気長に解決策を探してみてはいかがでしょうか?一般的に、よく使われている対処法をご紹介します。

・おっぱいをあげたり、抱っこしてゆっくり揺らしたりして、過ごしましょう。ママが添い寝をしたり、スリングや抱っこ紐でゆらゆら揺らすと効果的だというな赤ちゃんもいます。

・目が覚めているようであれば、気分転換に飲み物を与えるのも1つの方法です。おっぱいを飲ませたり、ミルクを飲ませたりして様子をみましょう。

・音や音楽で気持ちが落ち着くこともあるようです。ママの子守歌やメリーの音、お気に入りの音楽などをかけてあげましょう。

・気分転換をするために、環境を変えるのもいいですね。別の部屋に連れて行ったり、ベランダで夜風に当ててみたりしてみましょう。深夜のお散歩やドライブに出かけるというママも多いようです。

・入眠るための儀式を作るのも、夜泣き対策には有効です。寝る前に、ぬるめのお風呂に入ったり、ママがマッサージをしてあげたり、絵本を読んであげたり。『これをしたら寝るんだ』というリズムを覚えると、安心して眠れるようになるかもしれません。

・最近、注目を集めているのが、おねんねトレーニング。略して「ねんトレ」。赤ちゃんが1人で眠れるように練習する方法です。親子別室で過ごすことの多い欧米発のトレーニングですが、夜泣きのひどい子どもには参考になる点が多いかもしれません。

・何をやってもダメな場合。色々試したけど泣き止まない!これでは睡眠不足でどうにかなりそう・・・。そんな時は、昼間の赤ちゃんが寝ている時になるべく自分も一緒に寝ましょう。つらい時は無理して家事を行わず、自分の体を休めてくださいね。


ママにとってはつらい夜泣きも、赤ちゃんにとっては成長過程のひとつ。あまり気負い過ぎず、長い目でおおらかに見守っていきましょう。あまりにもひどい夜泣きの毎日が続く場合は、一人で抱え込まず、周囲の人に協力してもらいましょう。