出産入院の準備。何が必要?

出産入院の準備。何が必要?

妊娠も後期に入ると、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくありません。

妊娠35週くらいまでに入院に必要なものをそろえておくと安心です。

出産入院用の荷物を準備するときは、まず「絶対に必要なもの」「お産で使うもの」「入院中に使うもの」「退院時に使うもの」に分けて考えます。

さらに、「産院で用意してくれるもの」と「自分で持って行くもの」について、産院の母親学級などを利用して確認するとよいでしょう。

では実際に何を準備したらよいのか、次にまとめますので、参考にしてくださいね。


●絶対に必要なもの
・母子手帳
・健康保険証
・診察券
・印鑑

これらは、入院手続きに欠かすことができないものばかりですので、ひとまとめにしておきましょう。


●お産で使うもの
・時計
出産時には陣痛の間隔を、出産後は授乳時間などを測ったりするために必要です。

・タオル
汗を拭いたり、握りしめていきみ逃しに役立ちます。

・ヘアゴム
髪の長い方は、髪をまとめるために必要です。

その他「飲み物」や、気持ちを落ち着かせるための「アロマオイル」、いきみ逃しに使う「テニスボール」なども持って行くとよいでしょう。


●入院中に使うもの
・パジャマ
前開きで、上着の丈が長めのものがおすすめ。夜中に何度も授乳するので、授乳口つきのパジャマを選べば、着たまま授乳ができます。最低1枚は用意しましょう。

・授乳用ブラジャー
乳腺の発達を妨げないためにワイヤーなしのゆったりしたブラジャーがおすすめ。

乳房部分を他方ずつ開閉できる授乳専用のもの。またはフロントホックのものを2~3枚用意しておくとよいでしょう。

・生活用品
ティッシュペーパー、タオル、スリッパ、洗面用具など1週間分を目安に準備しましょう。

院内が乾燥していることもありますのでハンドクリームなどの体を保湿できるものもオススメ。

また、スリッパは歩きやすくて厚みがあるものの方が、産後のダメージを受けた体で歩くとき楽になりますよ。

・カメラ
携帯電話やスマートフォンのカメラでも十分かもしれませんが、病院によっては携帯電話の使用が禁止されているところもあります。

産院の状況に応じて準備しておくとよいでしょう。

・アイマスク、耳栓
病室は1人部屋とは限りません。落ち着いて眠るために重宝したという声が多いですよ。

なお、次のものは、「出産セット(または入院セット)」として産院で準備されている場合もあります。

入院予定の産院に確認し、必要に応じて準備しましょう。

・産褥ショーツ
・T字帯
・悪露用パッド


●退院の際に使うもの
入院中に、ご家族に持ってきてもらうこともできますが、準備しておくと安心です。

・赤ちゃんの産着、ベビーウェア
はじめての“外出着”です。季節にあったものを用意しましょう。

・ママの退院用の服
入院時の服装でもよいのですが、ブカブカで格好が悪かったという声も少なくありません。

入院前にあらかじめ準備しておくとよいでしょう。もちろん靴も忘れずに。
入院に必要な物は、早めに用意しておくと、いざ出産がせまったときに焦らずにすみますよ。