ニキビでわかる!?カラダのトラブルをチェック!

10代の頃は、青春の象徴と言われていた「ニキビ」も、
20歳を過ぎたころから何故か「大人ニキビ」や「吹き出物」と呼び名まで変化して、厄介モノ扱いされています。

そもそも、どうしてニキビができるのでしょう。

ニキビの原因と言われる「アクネ菌」は、もともと毛穴に住んでいる常在菌。

ホルモンバランスやストレスなどで肌の免疫力が不安定になると繁殖し、炎症を起こしニキビとなります。

実は厄介モノのニキビが、カラダの不調を知るのに重要な役割をしているのをご存知ですか?

なんとニキビができる場所によって、カラダのトラブルがわかるのです。

こうなると、ニキビも無用の産物ではなくなりますよね。


●ニキビでわかるカラダのトラブル
ニキビの出やすい部位は大きく分けて3か所あります。それぞれでどんなトラブルを教えてくれるのかご紹介します。

1. Tゾーン
ここに、ニキビができるのは ビタミンB群の不足、ストレス、自律神経の乱れ、消化器系の機能の低下が考えられます。

Tゾーンにニキビができたら、辛いものなどの刺激物を避けて胃を休ませてあげましょう。

また、胃腸を強化するビタミンA(うなぎや緑黄色野菜)、
そして不足が感じられるビタミンB(まぐろなどの魚類、豚肉、レバー)などを、すすんで摂りましょう。

2.額
思わず前髪で隠したくなる額のニキビ。ここにできる原因は、腎臓と肝臓による解毒機能が低下していることが考えられます。

額にニキビができたら、解毒機能をアップさせるために、
肝臓機能改善に効果のあるミルクシスル、肝臓の働きを助けるレバーサポートなどのサプリがオススメ。

また、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーを取り入れてみるのも良いでしょう。

3.あご
20歳をすぎてから比較的多く見られるあごのニキビ。

赤みが強く、患部の奥深くまで炎症を起こし、また他の部分よりも治りが遅いというのも特徴です。

原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れだったり、子宮、卵巣になんらかのトラブルを抱えている可能性が考えられます。

ストレスを軽減するためにゆっくりとお風呂に浸かり、リラックスするようにしましょう。

スポーツなどで汗を流すのも良い方法です。

ただし、子宮などの調子が悪いなど感じた場合は、自己判断せずに婦人科系の病院にかかることをオススメします。


このようなことを知っていれば、病気を未然に防ぐことができるかもしれません。

たかがニキビ、されどニキビ。ニキビができたら、自分のカラダを見直してみましょう。
by MASUMI