ミルク育児の方法は?

赤ちゃんをミルクで育てるときに重要なのは、できるだけ、母乳と同じような環境に近づけること。

母乳かミルクかということではなく、いかに心をこめて、赤ちゃんに向き合うかが大切です。今回は、ミルクの作り方をはじめとした、ミルク育児の基礎について学んでみましょう。


●ミルクの作り方

準備・・・調乳する前に、必ず手を洗いましょう。調乳器具も洗って殺菌しておきます。

1.決まった量が粉ミルクの缶に記載されていますので、添付のスプーンを使って計量してください。消毒しておいた哺乳瓶に粉ミルクを入れます。

2.一度沸騰させて約70℃まで冷ましたお湯を、哺乳瓶に入れます。できあがり量の3分の2ほどまで注ぎましょう。

3.乳首とフードをしっかり装着し、哺乳瓶を振ってミルクを溶かします。哺乳瓶が熱くなっていますので、やけどをしないように注意してください。

4.乳首とフードを外し、できあがり量まで、70℃以上のお湯または湯冷ましを足します。目盛りは、泡の下で合わせましょう。

5.乳首とフードを再度装着し、混ぜ合わせます。

6.ミルクが混ざったことを確認したら、流水などで人肌くらいまで冷ましましょう。

7.手首の内側などにミルクを数滴垂らし、温度を確かめてから、赤ちゃんに飲ませます。


●ミルクの飲ませ方のコツ

1.声掛けで心の準備
「おなかすいたね」「ミルクの時間だよ」などと声を掛け、哺乳瓶を見せましょう。急に哺乳瓶をくわえさせると、赤ちゃんはビックリしてしまいます。まずは、赤ちゃんに、ミルクを飲む心の準備をさせてください。

2.しっかりとくわえさせる
母乳と同じく、哺乳瓶の乳首を根元までしっかりくわえさせましょう。乳首の先端だけくわえると、赤ちゃんはミルクが飲みづらくなってしまいます。

3.ママの優しい声掛け
機械的にミルクを飲ませるのではなく、声掛けをしたり、じっと見つめたりして、ママも一緒にミルクタイムを楽しみましょう。ママとコミュニケーションをとりながらのミルクタイムは、赤ちゃんにとっても楽しいひとときとなります。

最近のミルクは、成分が母乳に限りなく近づいており、栄養面ではまったく心配がありません。

完全ミルク育児だから、混合育児だからといって、子どものことを考えてないということにはなりませんし、何より恥ずかしく思う必要もありません。

大切なのは、愛情を持って、赤ちゃんに接することができるかどうか。ミルクの力を借りながら、自信を持って子育てに臨んでくださいね。