戌の日って、何をするの?

戌の日って、何をするの?

日本には、妊娠5カ月目の戌の日に、腹帯をして安産祈願をする風習があります。

これを「帯祝い」といいますが、どうして戌の日に行うのか、また、どんなことをするのかをご紹介します。



●どうして戌の日に安産祈願をするの?
戌は十二支のうち11番目の干支で、戌の日は12日に一度巡ってきます。犬はお産が軽いことから、昔から安産の守り神とされてきました。

それにあやかり、安定期に入る妊娠5カ月目の戌の日に安産祈願を行うようになったのです。


●戌の日の安産祈願では何をするの?
帯祝いでは、安産祈願のできる神社や寺に参拝します。初穂料を納めて祈祷を受けると、お守りやお札を授与されます。

腹帯は、事前に用意したものを持参してお祓いしてもらうこともできますし、神社などで購入することもできます。

ただ、お祓いしてもらえるのはさらしの腹帯だけの神社もありますので、参拝する前に確認するとよいでしょう。初穂料(はつほりょう)の相場は、一般的に5千円から1万円となっています。

安産祈願は、妊婦の体調がよくない場合は、代理でも祈祷を受けることができます。その際は、出産予定日、夫婦の名前、住所、生年月日を控えていくとよいでしょう。

また、神社によってはお札などを郵送で送ってくれるところもあるので、直接電話で問い合わせるか、ホームページなどで確認してみましょう。


●いただいたお札はどうするの?
安産祈願で授与されたお札は、神棚か、神棚がない場合は、家族の集まる部屋の目線より高い位置に祀ります。その際、お札の文字が東か南側を向くようにしましょう。

祀ったお札・お守りは、出産後、安産祈願をした神社や寺にお返しします。これをお礼参りといいますが、その際の初穂料は、5千円程度が相場となっています。


●どうして腹帯をするの?
妊娠5カ月に入ると、お腹が徐々に大きくなってきます。そこで、次のような理由で腹帯を使います。

・お腹を衝撃から守るため
・お腹の重みで上体をそらす姿勢になることで、腰痛が起こりやすくなるため
・冷えを防ぐため

このように、お腹の赤ちゃんと母体を守るために使われています。

昔からあるのはさらしの腹帯ですが、巻くのが大変だと感じる方も多いようです。いまはマジックテープでとめるタイプ、ガードルタイプ、コルセットタイプなどが揃っているので、自分の使いやすいものを選びましょう。

戌の日に行う安産祈願は、母体の安全と生まれてくる赤ちゃんが無事成長することを祈る儀式。安産を願って、ぜひおでかけになってはいかがでしょうか。