とうとう出産!その流れは?

出産予定日が近づくと、「出産はいつかな?いつかな?」とドキドキしてきますよね。出産は何があるかわからないと言いますが、事前にお産の流れを知ることで心に余裕ができるでしょう。

ここでは普通分娩で産む方へ向けて、お産が近づいているサインから出産までの流れを紹介します。


1.お産が近づいているサイン
臨月になると赤ちゃんが下がってくるので、今までと体の感じが違ってきます。具体的には、次のような変化があります。

・胃のあたりを圧迫していたものがなくなったと感じる
・今まで以上におなかが張りやすくなる
・トイレが近くなる
・胎動が少なくなる
・おりものが増える
・恥骨や足の付け根に圧迫感がある
・腰が痛くなる

すべての人に現れるわけではありませんが、これらがお産の前触れです。入院準備品を確認して、いつでも入院できるようにしておきましょう。


2.お産が始まるサイン
お産が始まるサインは、おしるし、陣痛、破水の3つです。

・おしるし・・・おりものに血液が混じったもの。一般に、おしるしの数日後に出産となります。全員におしるしがあるわけではありません。

・陣痛・・・赤ちゃんを子宮の外に押し出そうとする子宮の収縮。子宮の筋肉がキューッと締まるのと緩むのを繰り返します。

・破水・・・赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、中の羊水が流れてくること。尿が漏れたような感じです。破水したらナプキンをあて、落ち着いて病院に連絡しましょう。


3.出産に向け、入院します
破水したら、すみやかに病院へ連絡しましょう。ほとんどの場合、すぐ入院することになります。破水かよくわからない場合も、まずは病院に連絡してください。

陣痛を感じた場合は時計を用意し、陣痛の間隔が10分程度になったら病院に連絡しましょう。

おしるしがあった場合は、ナプキンをあて様子をみます。おしるしから陣痛までの時間は人それぞれなので、入院中の持ち物の確認をしたらあまり焦らず陣痛を待ちましょう。

陣痛~出産までは、分娩第1期~第3期と、3つの段階にわけられます。


4.分娩第1期
10分程度の規則的な陣痛から、子宮口が全開になるまでの間。お産の中で最も時間がかかり、初産の場合、10~12時間くらいと言われます。

この間は陣痛室か病室で過ごします。最初のうちはリラックスして、陣痛が強くなってきたら呼吸法などで痛みを逃がしましょう。


5.分娩第2期
子宮口が全開してから赤ちゃんが出てくるまでの間。分娩室に移動し、陣痛のリズムに合わせ医師の合図でいきみます。

赤ちゃんの頭が見えてきたら、いきむのをやめ体の力をぬいて短い呼吸にしていきます。赤ちゃんは体を回転させながら誕生です!


6.分娩第3期
赤ちゃんが生まれてから胎盤が出るまでの間。会陰を切開した場合は縫合。分娩台で2時間くらい様子を見たあと、病室へ移ります。

はじめての出産は緊張がつきものですが、リラックスすることが大切です。自分の産む力を信じて、出産というドラマを楽しんでくださいね。