妊婦は歯が命!妊娠中のデンタルケアとは

妊婦は歯が命!妊娠中のデンタルケアとは

「妊娠中に虫歯になったら?麻酔や薬は使えるの?」と、考える方も多いでしょう。

お腹が大きくなると、診察台に仰向けになるのもひと苦労。

また、麻酔が使えないのではといった、治療面での心配も大きいものです。

妊娠すると、ホルモンの影響で口の中が酸性に傾くため、口内細菌が増えやすくなり、虫歯などを引き起こす原因となります。

また、唾液の量が少なくなり、口が渇きがちになることで、菌の増殖を促してしまうこともあるのです。

虫歯にならないようにするためには、口の中を清潔にしておくことが肝心です。

それにはどんなことに気を付けるべきなのか、どんな対応策があるのか、ご紹介します。



●こまめな歯磨きを
妊娠中は、胃が圧迫されるので少量ずつを頻繁に食べる癖がついてしまい、口の中に食べ物がある時間が長くなります。

また、つわりで口に歯ブラシを入れるのがつらいという人もいます。

これらの理由で、通常より口の中が不衛生になりがちです。

できれば、食事をするごとに磨くなど、こまめに歯磨きをする習慣をつけるとよいでしょう。

歯磨きが難しい場合、うがいや水を飲むだけでも効果はあります。




●ゆったりとした生活を
歯磨きができない原因は、体調の問題だけとは限りません。

精神的に不安定になり、自分の身だしなみに関心を持てないから、歯のケアも怠りがちになるということもあります。

また、虫歯菌は睡眠中に増殖します。このため、やたらと眠くなり頻繁に睡眠を取る妊婦さんは、虫歯になる確率が高まる恐れがあるのです。

何事にもイライラせず、ゆったりとした生活を心がけることも、虫歯予防には大切です。


●歯科検診は積極的に
妊娠中には歯の治療ができないと思われがち。

ところが、一定の条件下でならレントゲンも可能ですし、麻酔も歯の治療では局所麻酔を使うので、おなかの赤ちゃんへの影響は心配しなくてもよいでしょう。

特に、安定期である妊娠5カ月から7カ月にかけては、歯医者に行きやすい時期と言えます。

必要以上に怖がらず、少しでも気になる点があれば気軽に診療を受けましょう。


●妊婦歯科検診受診券を活用しよう!
妊娠し、母子手帳をもらう際、歯科検診について費用を助成する受診券がついている場合があります。

このような自治体があるくらい、妊娠中の歯のケアは大切なんですね。

ぜひ活用して歯科検診に行きましょう。


かつて「芸能人は歯が命」という歯磨き粉のCMがありましたが、これから生まれてくる命を育んでいる妊婦さんにとっても、歯は命です。

自分自身、そして赤ちゃんの歯の健康を守るために、正しいデンタルケアをぜひ知っておきましょう。