衣・食・住から考える、妊娠中の便秘解消法

多くの妊婦を悩ませるのが、便秘です。妊婦が便秘になりやすい理由としては、ホルモンバランスが乱れることや、つわりなどで食生活が変化することが考えられます。

また、子宮が大きくなることで腸を圧迫し、動きを鈍らせること。体を動かすのが億劫になり、運動不足になりがちなことも、原因といえます。

便秘は、周囲に相談するのはちょっと恥ずかしいものです。そこで、自分でケアするための対策を、「衣・食・住」に絡めてご紹介します。


●「衣」の便秘解消法
体を冷やすと、血液の循環が悪くなり、便秘になりがちです。冷えを防止するには、体をあたためることが大切。

お腹まわりはもちろん、足元や首元なども冷やさないように注意しましょう。大きくなってくるお腹を保護する肌着やガードルを身に付けるといいですよ。また、靴下やスカーフは通常の冷え対策だけでなく、夏場の冷房対策にもおすすめです。


●「食」の便秘解消法
便秘に効果的な食べ物は、繊維質を多く含んでいるものです。

イモ類や豆類はおすすめなのですが、摂りすぎるとガスが発生しやすくなります。また、比較的高カロリーであることも気になりますね。

ところてんやこんにゃくといった、水分を多く含む食べ物は、排便を促しつつも低カロリー。口当たりがいいので、つわり中でも食べやすくおすすめです。


●「住」の便秘解消法
ここでは、「住」=生活、という観点で考えてみます。こまめに体を動かす生活は腸が刺激され、便秘予防につながります。

ウォーキングやヨガなど、妊婦でも取り組みやすい運動を積極的におこないましょう。また、早寝早起きを心がけ、ゆったりと湯船につかって体をあたためることも効果的です。


●深刻な便秘に悩む場合
色々試したけどひどい便秘が治らない場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。妊娠中に飲める漢方薬など、処方してもらえる薬があるかもしれません。

便秘は年齢を問わず多くの女性がもつ悩みです。

身近な生活の中にさりげなく取り入れられる対策なら、出産後も無理なく続けられますね。自分に合った方法を選んで、上手に便秘の悩みを解消しましょう。