悩み相談@ラルーン

稽留流産 全身麻酔 手術

1人目不妊 コメントの数:6 ハートの数:21

・妊娠6週で稽留流産で処置を受けた20代主婦です。

・とにかく壮絶すぎる体験だったので記録しておきたかったのと、同じような体験をした方、これからされる方の参考になればと思い、1泊入院するので病院のベッドから投稿しています。

・小説を読むような気分で読んでいただければと思います。

・ラミナリアという子宮口を開く棒を昨日挿入して今朝手術でした。これも人によっては痛いと思います。私は我慢できるタイプなので目をつぶってチクっとした痛みは我慢しました。

・素肌に手術着、右腕に血圧計、左腕に点滴の注射と指に血中酸素を図る器具をつけて手術台の上で仰向けになって寝ました。

・これだけでも非日常的で健康な私にとってはとても苦痛でした。点滴の部分がズキズキ痛みながらも、先生を待ちます。

・手術に来たのは院長の男性医師、初老の女性医師、そして顔見知りの優しい優しい看護師さん2人でした。(←落ち着かせてくれるしめっちゃ優しい^^)

・手術開始です。点滴から麻酔が投与されました。『グラっとする?』と聞かれて『グラっとします…』と答えてすぐ現実世界ではなくなりました。寝るとか眠るという感覚ではありません。気絶した時ってこんな感じなのかなという感じです。文字通り意識がなくなるんですよね。

・私が見ていたビジョンは白い箱の中で自分が自分ではなくなった世界。宇宙のような。壁も自分も溶けてドロドロとしたスライムのようになっていました。

・場所も自分という存在も全くわからなくて、哲学や宗教のような【自分とは?】【自分という存在とは?】ということが反すうして聞こえるんです。そんな不快な感覚のままたくさんの部屋を開けた気がしますが、何度部屋を開けても何度部屋を開けても同じようなことの繰り返し。これが地獄でした。

・しばらくしてそんな状態の中で麻酔が切れたのかはわかりませんが、下半身をバキューム器具で吸われる音と感覚がありました。そしてお腹の鈍い痛みと先生の『痛いかもしれんね』という声。

・自分という存在がわからない状況の中で【痛い】という感覚はあり『ぃたぃ ぃたぃ ぃたぃ…』と声にならない声で何度も何度も言っていたと思います。これがずーーーーっと果てしなく続くのです。拷問でした。本当に絶望と地獄に遭っているようでした。

・痛みは呼吸でだいぶ逃せることを知っていたので長めに息をフーッフーッと吐きました。これがファインプレーだったと思います。痛みがスーッと引いていったかと思うと看護師さんの『終わりましたよ』『がんばりましたね』という声が聞こえてきました。

・でもまだ現実世界ではありません。目も開けられないし身体に力も入りません。

・足やお尻を持ち上げられてパンツを履かされた感覚がありましたが、全く力が入らないので、脳性まひで足が動かない人はこんな気持ちなのかと思いました。

・そして先生たちが『せーの!』と上の方に私の身体をずらす感覚もありました。目を閉じているのにめまいがします。感覚としてはジェットコースターに乗った後のような感覚です。

・自分が自分なのか、どこにいるのか、口が開いているのかいないのか、どんな顔をしているのか。。。そんなことさえ全くわからない状態が一生続くのではないかと思いました。こんな苦しいなら死んだ方がマシ。(殺して!)とマジで思いました。あの吸い込まれていくような辛さは、死ぬ時に感じる感覚に似ているんだろうと思います。

・とりあえず痛みがなかったのと、手術室のBGMの音楽が聞こえてきた気がして、【目】を開けてみました。それこそ産まれたての赤ちゃんが目を開けるような感覚。

・かろうじて(あ、手術台の上かも…)という感覚があり、徐々に意識を覚醒していきました。
・(今何時だろう?)と時計を見るとぐにゃりと曲がったように見えますが、手術開始から全く時間が経っていませんでした。そんな。あの感覚は永遠に続く感じがしたのに。

・誰もいない手術室。前日の21時から絶飲食だったため、喉が渇いています。

・(旦那は?9:30には来ると言っていたけど。)時計は9:50を指していました。看護師さんが1人入ってきたので初めて会話を。『主人は、手術が終わったことを知っていますか?』『ここに来られますか?』とかすれた声で聞きました。

・『大丈夫よ。来られますよ。呼んでくるね。』と言ってくれて、それでやっと現実世界に戻ってきたことを実感して涙が出ました。旦那が来た時の安心感。恐怖と絶望からの解放。【自分】が【生きていること】に感謝しました。

・ここまで読んでいただきありがとうございました。私が一生の中で一番嫌で、本気で二度と体験したくない体験でした。あんな絶望的な感覚、味わわなくてもいい人生が良かった。今でもあの恐怖を思い出して涙が出ます。

・ネットで調べても『痛かった』とか、『意識がなくなって起きたらベッドの上だった』とか生ぬるいことしか書いてなかったので、
稽留流産の処置はそんなもんじゃない、同じ体験をした人はいないの?と思い、投稿しました。

・これから妊娠するのが正直不安です。だってまた流産したらあの死ぬような体験をまたしなくてはいけないから。出産したことはないけど、出産の方がまだ希望があり陣痛の方がよっぽどマシだと私は思います。だけど、大好きな旦那との子どもはやっぱり産みたい。だから落ち着いたらまた頑張ります。

・最後まで読んだ人はいるのかな?いないと思うけど、今手術を終えた20代主婦の感想でした。批判はご遠慮ください。ご意見・ご感想お待ちしています^^

コメント一覧

並び替え: 最新順 古い順 ハート数順

No.6    ハートの数: 4

らいらい様

まずは、大変でしたね。
本当にお疲れさまでした。

読んでいて、久しぶりに涙の出る投稿でした。

私も、1年半前に、同じく初めての赤ちゃんを3カ月に入ったあたりで流産し、手術しました。

自分も、「大丈夫!気がついたら終わってるよ!」と言われてましたが、やはり壮絶でした。

術中、先生が「痛がってるから麻酔足して!」という声が聞こえ、点滴から麻酔が足されたと思うのですが、やはりらいらい様のように処置が終わるまでは意識があり、終わってから気絶のように寝ました。

意識が戻ってきたのは恐らく1時間後くらいで、頭がぐらんぐらんするなか、ちょっと横を向こうとしただけで嘔吐。(ほとんど何も出ず)

なんとか主人を読んでもらい、看護師さんの「おしっこ出たら帰れるからね~」の言葉に、早く家に帰りたくて主人にアクエリアスを買って来てもらい、ごくごく飲んでは嘔吐。

何度も嘔吐を繰り返し、ようやく体を起こしてオペ室からとなりの病室へ移動し、そこでも飲んでは吐きを繰り返し、ようやくおしっこが出たので、ふらふらのまま退院。

携帯でメールをすることも気持ち悪くできないので、両親と義母さんに連絡もできず(主人が終わりました!生きてます!とメールしていてくれましたが)、家に帰ってもしばらく横になり、主人にうどんを作ってもらいました。

妊娠中、私はまったくつわりなども無く、今までと変わらずに体も動かしアグレッシブに生活してたので、やはり1つの命が宿り、亡くなる。ということはそんなに簡単なことでは無いなぁと痛感しました。

主人はじめ、まわりの方々の優しさもとてもありがたく、手術の翌日は仕事を休ませていただきゆっくりしたのですが、3日後からは現場復帰し、5日後にはライブまでしてました!笑

2回の生理を見送り、また赤ちゃんを迎える準備中ですが、慌てて引き返した赤ちゃんは、なかなか戻ってきてくれませんが、楽しみが先送りになったと、またわくわく待っています☆

年齢のこともあり、私はあと1年と、妊活期間を決めていますが、戻って来なかったとしても、間違いなく私を少しの間だけでも母にしてくれた赤ちゃんに感謝しています。

手術は壮絶でしたが、(普段元気なので特に!)かけがえのない体験をさせてくれた赤ちゃんと主人に感謝です。

らいらい様も、まずはお体ゆっくり休めて、ご自分を労ってあげてくださいね(^-^)

ステキなタイミングで、また再会てまきますように☆

長々と失礼しました。

No.5    ハートの数: 6

私も昨年しました。経産婦でしたがラミナリアはめっちゃ痛かったです。気づいたらベッドの上でしたが、生ぬるいですか?すごく辛い気持ちなのは同じだと思います…。私の場合は胞状奇胎だったので、もう一度同じ手術しました。1度目の手術後の検診で、もう一度と言われた時は絶望感でいっぱいでした。確かに、死ぬほど痛いにしても、出産は希望がありますものね。
私のように病理検査で異常がないといいですね。
手術後お疲れ様でした。お大事に。

No.4    ハートの数: 11

私も稽留流産の手術しました。

私はすごく麻酔が効いたようで、全然痛くなかったし、手術は一瞬で後から思えば待ってる人の方が怖かっただろうなって思ったほどです。
気持ちの負担はありましたが、肉体的な負担は前日の前処理の瞬間痛かったかなっていうくらいで、全然また妊娠したいって思えるものでした。


産婦人科の友達曰く、中絶の手術はどこでもできるくらい簡単だそうです。中絶は赤ちゃんが生きてる状態。稽留流産の手術は赤ちゃんの心臓が止まっているのでそれより簡単な手術だから研修とかでできる範囲のものらしく、病院をしっかり選ばないとと言われました。

全く逆の意見で申し訳ないですが、これから稽留流産の手術を受ける方が不安にならないよう、また妊娠したいって勇気持てるように書きました。
共感でなくてすみません。

No.3    ハートの数: 1

私も1年前に経験しました。
ただ、全身麻酔ではありませんでした。
本当に意識を失う感じに同感しました。

意識がない間、夢を見ていたのかも
覚えていません。
手術の途中で麻酔から覚めてしまい
物凄く痛かったです。
痛くても声が出せず、手がかろうじで
少し動いたのですが…誰も気がついて
くれず苦しかったです。

出産の経験もありますが、感動も何もない
痛さ…経験しなくて済むなら経験はしない
方がイイですね。

私は手術の前夜に泣きました。
旦那は仕方ない、私が悪いわけではないと
抱きしめてくれましたが、この腕で抱かなかった
我が子に申し訳ない気持ちでした。

今はゆっくりと休んでください。
そして、赤ちゃんがまた戻って来ると良いですね。
うちはまだ帰ってきてくれません。。

No.2    ハートの数: 5

私も経験ありますが、
気づいたらベッドの上でかなりの時間が経過していました、
痛みもありませんでした。

ですが、貴方のように、とてもつらい思いをする方も居るんですね。
私は、看護師なので、
改めて明日から患者さんの苦痛を軽減できるようつとめようと思いました。

お大事にしてくださいね。

No.1    ハートの数: 2

稽留流産手術しました。
主さんは手術中に意識が戻ってきてしまったということですか?バキュームの音が聴こえてなんて怖すぎですね。
私が目を覚ましたのは完全に手術後でした。それから15分はかなり痛みがありました。私も二度と妊娠なんかしないと15分間だけ思ってました。
ラミネリアもなかったし、日帰りだったし、何が違ってこうなるんでしょうね?

1人目不妊 の他の相談